パパママハウスの坪単価はいくら?過去3年の推移や他社より高いか安いかなど徹底検証!

1

出典:パパママハウス

住宅市場では、自由設計で家が建てられる注文住宅が人気です。

建売住宅とは違って、お客さん自らのアイデアを設計に取り込めるというところに魅力を感じてオーダーをする人が増えてきています。

今回紹介するパパママハウスというハウスメーカーは、注文住宅メーカーの中でも特に「完全」自由設計にこだわっている業者です。細部まで自分の希望を取り入れられる注文住宅が提案されています。

ここでは、そのパパママハウスの2016年、2017年、2018の坪単価推移や特徴、その他競合メーカーについての情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パパママハウスの過去3年の坪単価の推移

パパママハウスでは、型が決まったプランを提案することはなく、お客さんのオーダーひとつひとつをオーダーメイドで設計して、住宅を建ててくれます。

そのため、坪単価は企画住宅のより、少々高めに設定されている印象を受けました。設計する内容によっては、平均的な坪単価を上回ることもあるかもしれません。

年代2016年2017年2018年
坪単価50~70万円50~70万円50~70万円

パパママハウスは完全自由設計でオーダーを受けていますので、プランごとの坪単価は分かりにくくなっています。

ですが過去の施工事例の分で見ると、50万円~70万円あたりの坪単価が平均的だと思います。ちなみに、2016年から2018年までの坪単価には大きな変動は見られません。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


パパママハウスの特徴は?

ここでは注文住宅メーカー「パパママハウス」がこだわっているポイントを、いくつかまとめて紹介しています。

パパママハウスでは、具体的な家づくりの事を相談できる窓口や、見学会で内覧ができるモデルハウスが用意されています。

他社と比べて、ホームページに具体的なプランが掲載されてはいませんので、まずはカタログの申し込みや家づくりに関する問い合わせ、見学会や相談会への参加を行ってみるといいでしょう。

細部までこだわれる完全自由設計の家

2

出典:パパママハウス

パパママハウスでは、完全設計でお客さんから設計オーダーを請け負っています。

通常、注文住宅プランの多くは、プランの一部を企画化するセミオーダーシステムのものが多い中、このハウスメーカーでは、完全なオリジナル住宅の設計から施工までをプランニングしています。

打ち合わせでは、設計士からデザイナーまで各パートの専門家がオーナーのアイデアを実現化するために徹底サポートをしてくれます。

あと、一戸建ての住宅建築だけではなく、リノベーションや賃貸向け住宅のプランニングにも対応しています。

ヴィンテージなデザインが得意

3

出典:パパママハウス

パパママハウスが過去に手がけてきた案件の事例を見てみると、ヴィンテージなデザインの仕上がりが多いです。こういったデザインは年月を重ねるごとに味が出てくるので、価値がなかなか落ちません。

また物件そのものの性能の良いため、安心して住み続けることができます。節税効果の高い長期優良住宅認定の基準も満たした、高性能な住宅を手に入れることができます。

家づくりに役立つイベントを開催

4

出典:パパママハウス

モデルハウスの見学会や、家づくりのための説明会なども定期的に開催されています事前に予約をしておけば誰でも参加できますので積極的に応募してみるといいでしょうちなみに土地探しのサポートも相談会で受け付けてくれます。

注文住宅は、本来土地が付属していないものなので、自分が土地を保有していなければ、不動産屋に頼むか、ハウスメーカーにサポートをお願いする必要があります。

建物を設計する前に、土地がないと具体的な間取りの配置ができませんので、まずは土地探しについてからパパママハウスに相談をしてみるといいでしょう。

パパママハウスの商品ラインナップごとの坪単価

パパママハウスでは、企画化されたプランが提案されているわけではありません。お客さん一人一人に対してオリジナルのプランが組まれます。ですので今回紹介するのは、施工事例です。

平屋、2階建て、3階建てといった、違ったタイプの住宅の特徴と、坪単価の目安を紹介しています。

デザインは、どれちらかというとビンテージ寄りで、味のある雰囲気が楽しめる住宅になっています。

FLAT HOUSE 坪50万円~

5

出典:パパママハウス

パパママハウスの平屋住宅です。建材には無垢材を使い、板張りの天井やウッドデッキなどを設置。

室内には薪ストーブを置いたり、ロフトを設けたりと遊び心満載の住宅に仕上がっています。

平屋は、リビングを吹き抜け天井にすることができますので、広々とした空間を堪能できます。あと、掃除も1階フロアだけで終わらせることができるため、利便性も高いのが特徴的です。

CALM DOWN HOUSE 坪60万円~

6

出典:パパママハウス

パパママハウスが設計した2階建ての注文住宅施工事例です。猫と暮らす家をコンセプトに、キャットステップや猫用のタワーなどが設置されています。

また各部屋を行き来できるような出入口も設けられていて、猫好きにはたまらない設計です。

肝心の人間が暮らす空間も、落ち着いた空間に仕上がっており、アンティーク調の家具や家電とよくマッチしそうな内装デザインです。

この事例は、猫を飼うご家庭の依頼によって施工された物件でしたが、他にもオーナーの希望をどんどん設計に反映してもらうことが出来ます。

Vintage apartment 坪60万円~

7

出典:パパママハウス

3階建てのロンドンにあるアパートメントのようなモダンなデザインが特徴の複数階層住宅です。

パパママハウスでは、3階建て以上の鉄筋コンクリ―ト造の住宅の施工も可能です。他のメーカーの注文住宅では、骨組みに関して素材を選べないところが多いですが、ここは本当に自由設計です。

鉄筋コンクリート造の強度と耐震性が住む人に安心感を与えてくれると共に、スタイリッシュでモダンなデザインが住む人の好奇心をくすぐります。

ちなみに鉄筋コンクリート造は、木造と違って法定耐用年数が長くメンテナンスフリーですので、途中の修繕コストが掛からないのが魅力です。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


パパママハウスの坪単価が上がるオプションは?

パパママハウスの注文住宅は、設計の全部がオーダーメイドになりますので坪単価が上下しやすいのが特徴です。
企画化されたプランに比べると、費用的に高くなりやすいですので、最初から予算を決めてから相談をした方がいいでしょう。
無理して予算を組むと、毎月の返済が思ったよりも厳しくなる恐れがありますので注意が必要です。

完全自由設計ならではの”要見積り”プラン

完全自由設計だと、見積もりをもらうまで費用が分かりにくいのが難点です。ですのでまずは過去の施工事例とその設計や工事に掛った費用について見せてもらうことから始めましょう。

それを目安にして、プランを組立てて行った方が予算オーバーになりにくいです。

建築工法まで指定できる本格オーダーメイド住宅

パパママハウスでは、一番施工効率が良い在来工法から耐久性が高い2×4住宅まで、好きなタイプの建物躯体を選ぶことができます。

また、3階建てや4階建てのような複数階層の建物を建てる際には、鉄筋コンクリート造を使った骨組みで建てていくことも可能です。

鉄筋コンクリート造になると、木造よりも工期が掛かりますので費用が高くなります。

住宅設備のアップグレード

住宅設備は、ある程度の水準のものが提案されますが、これに関してもオーナーの希望するものに変更することができます。

住宅設備はアップグレードする場合は、そのグレードに応じた費用が上乗せされますので、坪単価も高くなってしまいます。

費用があまりオーバーしてしまわないように、予め予算をスタッフに伝えておく必要があるでしょう。

パパママハウスは契約前見積もりと最終支払い額に差が出る?

パパママハウスでは、正式契約を交わす前に、金額の目安となる見積りをもらうことができます。

もらった見積書の内容を参考に、打ち合わせできた設計図の修正を行っていき、完成に近づけてきます。

ですので初めの方でだしてもらえる見積書は、あくまでも概算という風に捉えておいた方がいいでしょう。

最終支払額こそが正式な支払金額

正式な支払い金額つまり住宅ローンの契約金額になるものは、最終的な契約書に記載されている金額が、本当に支払わなければならない金額になります。

打ち合わせの段階で設計図の内容が変わっていき、当初受け取っていた見積もりの金額とは違ってくる場合もありますので注意が必要です。

なおパパママハウスでは、設計図を作成する時の契約と工事を発注する時の契約の2つがあります。

建物本体価格はどこまでを指すのか?

パパママハウスだけではなく、他のハウスメーカーで見積もりをもらうときに注意したいのが建物の本体価格です。

建物本体価格というのは、注文住宅そのものの価格になります。この価格を坪数で割れば坪単価を計算できるのですが、建物価格にどこまでの工事を含めているのかを契約する前の相談の段階で詳しく聞いておいた方がいいでしょう。

例えば付帯工事費が建物本体に含まれているのかどうか?また、トイレやお風呂など住宅設備の費用が、建物価格に含まれているのかどうかなど。

一言で建物本体価格といっても、メーカーによって含まれている範囲が違いますので、その点に気をつけて見積もりを出してもらうようにしましょう。

 

見積もりを出してもらった時に不透明な部分があれば、遠慮なくスタッフに相談することが肝心です。

その辺りの意思疎通がしっかりできるハウスメーカーであるかどうかも、業者選びの基本となりますので、まずは疑問点をどんどん質問していくようにしましょう。

パパママハウスの坪単価は高い?安い?競合3社と比較!

ここでは、パパママハウスの競合3社をピックアップして、それぞれの坪単価や特徴を紹介しています。

どのハウスメーカーも、注文住宅の施工実績が豊富な業者です。その中でもパパママハウスは、内装ひとつのパーツまで細かく希望できる自由度のある住宅設計が魅力となっていています。

オリジナリティ溢れるマイホームを手に入れたいと考えている人は、ぜひ参考にしてもらいたいハウスメーカーのひとつです。他の業者と比較してみて、注文住宅の知識をより深めていきましょう。

アイダ設計 坪40~60万円

8

出典:アイダ設計

正直価格をポリシーに掲げているアイダ設計では、自社一貫体制で測量、設計、施工までを手掛けるハウスメーカーです。

建物に使う建材も自社でプレカット工場を保有しており、そこでクオリティを維持しながら生産されています。

それによりコストダウンが実現され、高品質ながら坪単価40万円というローコスト住宅プランの提供を実現しています。

ちなみにアイダ設計の目玉商品は1000万円台で建てられるブラーボスタンダードというプランです。

ローコストながら標準仕様として水回りの設備には、リクシルの高性能設備が搭載されています。価格以上の内容が詰め込まれたプランですので、とても人気があります。

アイダ設計の坪単価の比較!3年分の推移や見積もりと最終支払額との差など調べてみた!
出典:アイダ設計 アイダ設計は宮城県から沖縄県までショールームやキッズスペースを備えた店舗があり、お客様にとって「紛らわしい価格設定はしない」、「誤解されるような価格交渉はしない」、「不信感を抱かせるような対応はしない」をモットーに丁...

無添加住宅 坪50~60万円

9

出典:無添加住宅

無添加住宅とは、シックハウス症候群の原因となる物質を、完全に取り除いた家を提供しているハウスメーカーです。

使われる素材は、無垢材や漆喰、天然石などの化学物質を使用しない素材で、接着剤に関しても原材料に米のりを使ったものを使用しています。

このような天然素材の家には、調湿効果があり、抗菌作用も期待できるため、身体にいい空間に包まれて生活できるというメリットがあります。

無印良品の家 坪60~80万円

10

出典:無印良品の家

無印良品ならではの、シンプルでスタイリッシュなデザインはとてもおしゃれ。木の家、窓の家、縦の家と3つのベーシックプランを、メイン商品として提案しています。

地震や台風に強いSE構法を用いて構造躯体を造りますので、とても頑丈な仕上がりになります。
ちなみに耐震等級は最高ランクの「3」を取得しているので、間違いのないクオリティです。

また、ダブル断熱工法で、外断熱と内断熱の両方をカバーし、省エネ効果を発揮します。無印良品といえば、シンプルなデザインの雑貨商品のイメージですが、住宅の中身に関してはばっちりの品質です。

無印良品の家の評判はどうなの?価格・間取りなど調べてみた!
出典:無印良品の家 無印良品の家は、雑貨などで有名な無印良品が行っている家部門です。 無印良品ならではのシンプルさと性能のこだわりがいっぱい詰まっており、大変好評を得ている建物です。 そんな無印良品の家の評判など、知ってほ...

まとめ

今回は、パパママハウスという、少し変わった名前のハウスメーカーの紹介でした。

完全自由設計でプランが組めるハウスメーカーは、実は限られていますので、オリジナルの住宅を追求したいオーナーさんには、ぴったりな内容ではないかと思います。

まずは、施工事例を十分に確認した方がいいので、資料請求からしてみるといいでしょう。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
坪単価
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました