オークラホームの坪単価はいくら?評判、口コミなどの事例を徹底調査!

okurahome

出典:オークラホーム

オークラホームでは、デザイン、間取り、コンセプトなど、すべてを自由に設計できる完全自由設計の注文住宅サービスを提供しています。

施工事例も豊富で、どれもなかなかオシャレで機能的なデザインです。

オーナーや、そのご家族の希望をそのまま形にすることができるので、とことん設計にこだわりたい人にぴったりのハウスメーカーです。

今回は、そんなオークラホームの坪単価(2016年~2018年の坪単価推移など)に関する情報や商品・サービスの特徴、口コミの評判や施工事例などを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オークラホームの過去3年の坪単価の推移(2016・2017・2018年)

オークラホームの坪単価は、大体65万円~72万円あたりが目安となっています。

完全自由設計なので、これよりも費用が高くなるケースもあるので、注意が必要です。

特に、天然素材をたくさん使った和風住宅を建てる場合は、予算を高く見積もっておいた方がいいでしょう。

ちなみに、2016年~2018年までの間に、坪単価の大きな変動はありませんでした。

オークラホームの注文住宅は完全自由設計ですので、希望する設計にオリジナリティが高いものが含まれていると、その分費用がたくさん掛かります。

例えば、自宅内の間接照明にこだわったり、内庭を設ける設計にしたりなど。

オーナーの趣味趣向をしっかり取り入れられる分、予算は高めに考えておく必要があるでしょう。

オークラホームのような完全自由設計のプランの場合だと、内容によって坪単価が大きく変わってきます。

ですので、メーカーに相談する時には、可能な限りたくさんのサンプル(施工事例)を見せてもらうのと、その工事に掛かった費用も教えてもらうことが大事です。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


オークラホームの商品ラインナップごとの坪単価

オークラホームでは、完全自由設計による注文住宅建築が提供されています。

ある程度パターンが決められている規格型の商品プランはありません。

そこでここでは、オークラホームで過去に建てられた住宅の施工事例を、いくつか紹介したいと思います。

和風モダンでくつろぎ空間 坪65万円~

今風のデザインに和風の要素を織り交ぜた、「和風モダン」のデザイン住宅です。

純和風はちょっと苦手でも、和風の要素を取り入れたい人や、おしゃれな和風住宅を建てたいという人向けの設計になっています。

光と風を感じる家 坪68万円~

光と風を感じる家は、リビングの3方向に大きな窓を設置して外からの風と光をふんだんに取り入れることができる設計です。

木の床と白い内装壁のコントラストがオシャレな演出となっています。縁側があるのが特徴的です。

広々テラスとルーフバルコニーがある家 坪65万円~

家の外と内とを繋ぐ広いテラスと、ルーフバルコニーを設置したプランです。

休日には、テラスで屋外カフェタイムやバーベキューを楽しむことができます。

ルーフバルコニーでは、洗濯ものをたくさん干せる空間が確保されており、家事を効率良くこなすことが出来ます。

四季折々の風情を感じる和の寛ぎ空間 坪68万円~

外装に黒い外壁を施工し、格子窓を設置したデザイン性バツグンの和モダン住宅です。

落ち着いた雰囲気を演出する照明や、風や光を取り入れる大きな窓の配置など、おしゃれな空間演出がふんだんに取り入れられた住宅となっています。

吹抜大空間の家 坪70万円~

吹き抜け大空間の家は、吹き抜けの高い天井と、ゆとりのある広い空間を演出した設計です。

縦の空間を活かし、収納も充実させることで、限られた面積を有効活用します。

リビングの大窓には縁側を設けて、家族で夕涼みできるようになっています。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


オークラホームの評判、口コミは?事例を紹介

ここでは、オークラホームの口コミの中から、サービスの評判や施工事例について挙げられたものをいくつか紹介しています。

内容を見ると、スタッフの対応や住宅のデザインには良い評価があるようですので、ぜひ参考にしてみてください。

担当営業さんの対応が良い!

公式サイトにお客様の声として施主さんのアンケートが掲載されていますが、担当営業さんの人柄の良さやきめ細やかな対応に満足している方が多いようです。
オークラホームを選んだ決め手も営業さんの熱意を挙げられている方がいて、マンパワーに支えられる会社なのだろうな、と感じました。

引用元:e戸建て

 

注文には迅速に対応してくれます

購入者です。口コミを拝見していると営業さんによってかなり差がありそうですね。
当方の担当さんは細かな注文や質問、要望にも迅速に対応してくれました。
地域のトップの営業さんだったからかも知れません。
強いて言えば、担当さんに質問して得た答えで1点間違っていた所が現場監督さんと話していて判明したことがあります。
気になる所は現場監督さんに二重確認するといいかと思いますが、営業さんが細かい所まで把握しきれていないのはどこのハウスメーカーさんも同じだと思います。
他のハウスメーカーさんでは、営業さんに質問したところ分からないと言われたこともあります。
しっかり把握しきっているのは、地域の小さな建築会社さんだけだったと思います。

引用元:e戸建て

 

土地探しからお願いできます

知県ですがうちの近所でも売り出していてよくチラシが入ってきます。
建売の方を見ると中二階の部屋ばかりですね。流行なのかなあ。
スキップハウス等はデメリットも聞いたりしますので個人的には微妙です。
注文住宅の方はすっきりとした印象の家が多くてこちらの方が好感が持てました。
オークラホームさんは土地から探すこともお願いできるのですかね。
建売の方は良い場所に建ってるものが多いので、気になってはいるのですが。

引用元:e戸建て

 

デザインバリエーションが豊富

注文住宅の分類がすごくシンプルでいいなと思いました。
モダンな家、スタイリッシュな家、ナチュラルな家ですって。
わかりやすくて良いです。
決まりきった形が無いようなので、比較的自由度が高いのかなとも思います。
○○○という商品があるのではなく、完全に自由設計なのでしょうかね。
性能面などはどんな感じなのでしょうか。

引用元:e戸建て

 

評判、口コミまとめ

オークラホームの口コミの数自体は少なかったですが、その少ない中でも良い評価のものがたくさんありましたので、安心できるハウスメーカーだと感じました。

完全自由設計なので、坪単価は高くなりがちですが、自分や家族の趣味趣向をふんだんに取り入れたい人にはぴったりのプランが提案されると思います。

オークラホームの特徴は?

ここでは、オークラホームの特徴について、いくつかまとめてみました。

オークラホームの魅力は 、建物の耐久性と耐震性、アフターサービスなどです。

それらの情報をチェックして、ハウスメーカー探しの参考にしてください。

自社一貫体制で施工管理

オークラホームでは、用地の選定、資材調達、建材の加工製造、設計、建築、アフターサービスまでのすべてを、自社で取りまとめて管理しています。

一貫体制にすることで余分なコストを削り、オーナーの利益に還元されるというメリットがあります。

また、建築資材の品質を担保する効果もあります。引渡し前の検査に関しても、自社検査を7回、瑕疵保険検査を3回実施する決まりです。

壁倍率5.0倍で地震から建物を守る

オークラホームでは、地震に強い2×4工法をベースに住宅設計をおこないます。

2×4のモノコック構造は、通常の木造軸組み工法に用いる筋交いの壁倍率に比べて最大で5倍の強度を有します。

これにより、過去に発生した震度7の地震でも、約9割以上の建物が倒壊せずに居住可能な状態を保つことができたそうです。

構造体に加圧注入式防腐防蟻加工

建物の骨組みとなる建材には、特殊な技法で防腐防蟻剤を注入加工したものを使用します。

これにより、構造体の寿命を最大限延ばすことができ、オーナーが将来負担する、建物のメンテナンスコストも大幅に減らすことができます。

火災発生時に燃え広がらないファイヤーストップ構造

木造住宅で一番心配なのは、「火災」です。

オークラホームが建てる住宅には万が一、火災が発生した時に、壁に施工した断熱材や石膏ボード、天井に取付けたファイヤーストップ材が防火扉の役目を果たして延焼を防いでくれます。

クイックアフターサービスで不具合の有無を定期点検

住宅が無事完成しても、後々にトラブルが発生するのが心配です。

もし修繕が必要な不具合が発生しても、オークラホームでは、担当のスタッフが速やかに駆けつけて、問題を解決してくれます。

また、目に見えないトラブルにも、定期点検を実施することで、致命的な劣化が起きる前に対処することができます。

まとめ

今回はオークラホームについての、詳しい情報をお届けしました。

ここで紹介した坪単価は、あくまでも目安ですので、まずは予算を決めてハウスメーカーに相談し、見積りを出してもらうところから始めてみましょう。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
坪単価
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました