【無料】ハウスメーカーのカタログをサクッと集めるならライフルホームズが便利!

s-1

 

  • 家を建てたいけど、何から取り掛かればいいのか分からない
  • 家を建てるときの予算のイメージが掴めない
  • まだ何も決まってない状態でメーカーに足を運ぶのが不安

これから注文住宅を建てようと考えている人の中には、 このような悩みを抱えている人も多いでしょう。

とにかく住宅を買う時の予算やプランなどのイメージが湧かないという人は、ライフルホームズの住宅メーカーの無料資料請求サイトを利用すると便利です。

このサイトを利用すれば、スマホだけで無料資料請求をして、自宅でゆっくりと注文住宅プランを比較することができます。

\今すぐ無料取り寄せ/

【無料】住宅カタログおまとめ取り寄せする⇒

 

ライフルホームズはカタログだけを集められる無料サービス!

121501

 

株式会社ライフルが運営するライフルホームズは、住宅メーカーからのカタログを一括無料請求できるサイトです。

自宅にいながら希望した条件を満たす住宅メーカーから取り寄せた、具体的なプランや予算をそれぞれ見比べてみて、どの程度の予算でどのような家が建てられるのかを詳しく調べることができます。

今なら初めての家づくりノートと言う住宅を建てる上での豆知識的な情報がいっぱい詰まった特典をもらうことができますので、是非利用してみてください。

ちなみにライフルホームズのサイトでは、

  • ①予算(建てる家の予算)
  • ②テーマ(2階建て、平屋など)
  • ③エリア(建てる地域)

の3点から希望の条件に合う住宅メーカーのカタログを取り寄せすることができます。

①予算から探す

121502

例えば1000万円台で建てられるローコスト住宅プランを探すなど、予算に合ったプランをサイトから検索することができます。

検索をすると、住宅メーカーと参考坪単価の情報がいくつかピックアップされますのでチェックを入れて一括お問い合わせをクリックすることで資料請求ができます。

最低1000万円から4000万円までの住宅を探すことが可能です。坪単価の目安としては1千万円で大体50万円、4,000万円以上になると100万円前後となっています。

②テーマから探す

121503

自分が住みたい住宅のタイプを選んでクリックすることで、それらのプランを提案できる住宅メーカーがピックアップされます。

住宅のタイプは、低予算でハイクオリティな住宅を建てられる「ローコスト住宅」から始まり、平屋タイプの家や、省エネ性能の高い高気密・高断熱の家、二世帯住宅など様々なタイプの住宅の中から希望のテーマを探すことができます。

補助金制度を利用できるZEH住宅も、選択肢の中に含まれていますのでチェックしてみると良いでしょう。

③エリアから探す

121504

日本全国47都道府県から住宅メーカーを探すことができる検索機能も、ライフルホームズのサイトにはあります。

住宅建築を考えている都道府県と市区町村を選択して、ピックアップされた業者の中から気になる住宅メーカーを選択して資料請求ができます。

ピックアップされる情報は、参考坪単価や建築工法なのについて記載されていますのでそれらを参考にして選ぶことになります。

例えば、セキスイハイムであれば参考坪単価が59万円から100万円の住宅プランが提案されており建築工法はユニット工法と記載されています。

\今すぐ無料取り寄せ/

【無料】住宅カタログおまとめ取り寄せする⇒

ネットでカタログを取り寄せるメリットは手間、時間を節約

b721a95b00267fc47d77518255d03b3f_s

ライフルホームズの一括資料請求サイトを利用すれば、自宅で複数の住宅メーカーから送られてきたカタログを家族でゆっくりと比較することができます。

住宅展示場に足を運ばなくてもスマホで簡単に複数社の住宅カタログを集めることができるので、全くイメージが湧かなかった状態から、段々と住宅建てるための知識が備わっていくことになるでしょう。

もちろん資料請求をしたからといって、必ずそこと契約をしなければならないというわけではありません。

対面で営業マンと交渉するわけではありませんので、気軽にプランを選ぶことができます。

カタログを取り寄せ申し込み時の注意点

一度資料請求をすると、そこのメーカーからの広告メールが届くようになりますので、登録するメールアドレスは、プライベートや仕事などで使わないサブアドレスを活用するといいです。

ちなみに資料請求はスマホやパソコンから無料でできます。

今問い合わせれば、はじめての家づくりノートというダウンロードコンテンツが無料でプレゼントされます。

これには、家づくりの時に必要なお金や土地の知識、建築スケジュールなどの情報が詳しく説明されています。

初めて住宅を建てる人の参考になる資料内容ですので、資料請求をするついでにダウンロードするといいでしょう。

\今すぐ無料取り寄せ/

【無料】住宅カタログおまとめ取り寄せする⇒

知識なしに住宅展示場に行くことはデメリットしかない

ビックリマーク

住宅を立てる前によく利用されるのが、住宅メーカーが企画する住宅展示場です。

展示場内覧することでその空間をリアルに感じることができる点は非常に良いのですが、基本的な家作りの知識を持たないまま住宅展示場に行くと、その雰囲気だけに飲まれて冷静な判断ができなくなる恐れがあります。

また、住宅展示場に訪れるということはメーカーからすると見込み客だと判断されますので、具体的なアンケートを要求され、個人情報を渡すことになります。

絶対に参加しない方がいいというものではないのですが、住宅展示場参加にはデメリットがありますので、それについて以下のことを参考にして理解した上で参加するかどうかを決めた方がいいでしょう。

①時間と体力の無駄

住宅の展示場を見に行くというのは、そもそも時間の無駄になってしまう場合もありますので注意が必要です。

まずそのためだけにスケジュールを空けて現地にまで足を運ぶ必要が入ります。

それだけでもかなり時間を使うことになるのに、いざ現地に行って住宅の内覧をしようとしたら、メーカーの営業マンに声をかけられてそこで話を延々と聞かされて更にはアンケートまで書かされると言うケースがほとんどです。

もちろんすべての住宅メーカーでそのような対応がされるわけではありませんが、住宅展示場に足を運んだ段階で、向こうの営業スタッフには「購入する可能性のあるお客さん」として認識されるため、 営業がかけられるのは致し方ないという一面もあります。

②住宅展示場のモデルハウスは参考にならない

住宅展示場に設置されたモデルハウスの中を覗くと、非常にゴージャスな空間を目にするかと思います。

豪華な家具や家電を配置して、本来の価値以上の演出が行われているのがモデルハウスです。

しかしよく考えてみると、そこには「生活感」というものがありません。

実際に住宅を建てて生活をすると、そこには毎日の家事や育児をこなす家族の姿があり、 その現実的な様子とモデルハウスでは、少々イメージが乖離しています。

つまり簡単に言うと、モデルハウスを内覧しても実生活のイメージがわかないため、参考にあまりならないということです。

③下手したら商談…具体的な話になり逃げられず…

住宅展示場に行くことでの一番のデメリットは、顧客名簿に自分の連絡先が載ってしまうことです。

おそらく展示場に訪れた人は、アンケートなどを書かされるかと思います。そのアンケートに、住所、氏名、年齢、電話番号などの個人情報を書くことになりますので、それが顧客名簿として使われるようになるわけです。

一度、顧客名簿に乗ってしまうと営業の対象になりますので、今後は希望してもいないのにカタログが送られてきたり、営業マンからの電話が度々かかってくるというケースもあります。

場合によっては住宅展示場で商談が進められて、雰囲気に流されて契約をしてしまうと言うこともまれにあります

人間は高い買い物になると、1000円や2000円の安い物を買うよりも、冷静な判断ができない傾向があります。これは家そのものに価値を感じてしまい、金銭感覚が狂ってしまうのが原因です。

例えば5千円程度の買い物をする時は、時間をかけて悩むのに、家や車のように高額な買い物になると入念に下調べをせずに、ついつい衝動買いをしてしまう傾向があります。

住宅展示場に足を運んで、後々営業されるのが嫌な人は、ライフルホームズのような一括資料請求サイトでカタログを取り寄せた方が手軽ですし安心です。

\今すぐ無料取り寄せ/

【無料】住宅カタログおまとめ取り寄せする⇒

家づくりノートを使い、まずは家づくりの流れと基礎知識を把握すべし

121505

ライフルホームズで、各住宅メーカーから資料請求をすると無料で「家づくりノート」というパソコンやスマホなどで開けるコンテンツを受け取ることができます。

「家づくりノート」には、家作りのスケジュールや、家作りにかかるお金の目安土地探し、住宅ローンの選び方など、住宅を建てる上で欠かせない基礎知識が紹介されています。

家づくりに必要な基礎知識が学べる

住宅建築に関係する法律や、住宅ローンの選び方、住宅建築の構造の種類など家づくりをする際に知っておきたい基礎知識を詳しく説明しています。

特にダイレクトにお金に関係する「住宅ローンの選び方」や、住宅の骨組みとも言える構造に関する基礎知識はしっかりと読み込んで、理解しておいた方がいいでしょう。

暮らしのイメージができる

住宅のプランアイデアをアウトプットしていくメモページになります。単語でいいのでどのような間取りにするのか?どんなデザインが好みなのか?

キッチンはどんなタイプのものがいいのか?などなど、設計アイデアのパーツを頭の中から抽出していきます。

住宅建築の費用目安がわかる

住宅建築に掛かる費用全般を、具体的に一つずつ説明している項目です。

住宅を建てるときには建物費用だけではなく、付帯工事費や土地購入費等住宅ローンの手数料、登記のための手数料、保険料、税金などのお金が必要になります。

大体の予算の目安を立てる上でも重要なポイントとなりますので、読み込んでおくことをおすすめします。

住宅建築のスケジュールがわかる

どのような流れで、一軒の家が出来ていくのかを説明しています。

まずは家づくりのイメージから始まり、情報収集、資金計画、本設計から工事まで全ての流れを一つずつ解説しています。

家を建てる上で、具体的なイメージを身に着けるための大事な項目になりますので、書いてある内容の通りにスケジュールを実践できるよう勉強していきましょう。

失敗しない土地探しの方法がわかる

土地探しは、建物を設計する住宅メーカーが協力して、理想の土地を探してきてくれます。

もちろん自分で探してきてそこに家を建てるのでも問題ありませんが、分からないことがあれば、住宅が完成するまで重要なパートナーとなる住宅メーカーに相談するようにしましょう。

便利に使えるチェックシート付き

家を建てるまでの計画チェックシートや予算計画書など、分かりやすくまとめられるようにいくつかチェックシート化されている項目があります。

こちらを印刷して中身を書き込んで手元に置いておけば、具体的なプランが少しずつ組み立てられていくでしょう。

最初はイメージがわかないかもしれませんので、書ける部分だけ書いていく形になります。

理想の住まいのプランニングシート

どのような住宅にしたいのかを具体的にプランニングするシートです。

希望する家の性能や建築工法、外観のイメージリビングの広さや間取りのタイプなど様々な条件をメモして残すことができます。

この項目は、住宅プランニングの仕上げのような項目ですので、他のページを全て読み込んだ上で活用すると良いでしょう。

ライフルホームズの住まいの窓口

121506

家づくりノートと一緒に利用したいのが、ライフルホームズの住まいの窓口です。こちらでは専属のアドバイザーによる住宅建築のためのサポートアドバイスが行われています。

利用した人の94.2%が満足と回答しており具体的な助言がもらえますので、どんどん活用していくといいでしょう。

また家を買うために必要な知識を教えてくれる7つの講座を、無料で受講することができます。相談は何度行っても無料となっていますので、気軽に連絡してみると良いでしょう。

住まいの窓口に相談する⇒

まとめ:7割以上が10社を超える業者を比較、検討

家づくりを経験した7割以上の人が10社以上の住宅メーカーを比較、検討していることがデータでわかっています。

それだけ家を建てることは情報収集が不可欠であり、後悔しない家づくりには重要なことになります。

住宅は人生を賭けたと言っても過言ではない高い買い物ですので、入念にプランニングした上で、どこに発注するのかを考えなければなりません。

住宅メーカーのカタログ収集は、ライフルホームズを利用し手間や時間をかけずに集め、比較や検討にじっくり時間をかけたいですね。

\今すぐ無料取り寄せ/

【無料】住宅カタログおまとめ取り寄せする⇒