GLホームの坪単価はいくら?評判、口コミなどの事例を徹底調査!

glhome

出典:GLホーム

GLホームは、住宅設備などを開発・販売している、株式会社リクシルのグループ企業になります。

地震に強いツーバイフォー住宅を世に広めたのがこのGLホームで、先駆け的存在です。

提案している注文住宅は、アメリカンデザインがコンセプトで、高級感のある外装と内装は、幅広い世代から人気があります。

ここではそんなGLホームの、坪単価目安や2016年~2018年までの坪単価推移、商品ラインナップ紹介、口コミ評判や施工事例、サービスの特徴について情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GLホームの過去3年の坪単価の推移(2016・2017・2018年)

1

アメリカの邸宅のような高級デザインを、主力プランにしているGLホームでは、坪単価はいくらぐらいなのでしょうか?

ここでは、GLホームの平均的な坪単価と、坪単価に影響のあるものについて調べてみました。

GLホームの坪単価は、大体55万円~75万円あたりが目安となっています。

ベーシックな設計の坪単価は大体50万円前後ですが、オプションなどを追加していくと、最終的な坪単価は高くなる傾向があります。

提案される注文住宅のデザインは、一般住宅というよりかは、邸宅のような豪華さがありますので、値段相応の価値を感じることができるかと思われます。

ちなみに2016年~2018年までの間には、大きな価格変更はありません。

GLホームの注文住宅で坪単価に影響があるものは、次のようなケースです。

〇ZEH仕様
〇造作建具(造り付けのカウンターテーブルなど。)
〇ララ♪カジの設計

ZEHは、希望によってどのデザインプランにも対応していますが、オプションになっているので、施工する場合は設備費用が別途追加になります。

ちなみにララ♪カジというのは、暮らしを快適にするGLホーム独自の内装設計のことで、子供の成長によって、部屋を1つにしたり2つにしたりと可変できる設計や、階段途中に自由スペースを設けたりと、ゆとりある暮らしを考えて設計される間取りのことです。

このララ♪カジも、設計の仕方によって追加費用が必要になる場合があります。

坪単価の大体の目安は高くても75万円前後が平均ですが、あれもこれもと追加をすると坪80万円を超える場合もあるみたいです。

予算オーバーに気を付けて、資金計画を立てる必要があります。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


GLホームの商品ラインナップごとの坪単価

GLホームで提案されている注文住宅プランは、アメリカンデザインが特徴的な「ウッズヒル」シリーズです。

ここでは、そんな商品プランラインナップの坪単価目安と、各プランの特徴について紹介しています。

ウッズヒル スパニッシュ 坪65万円~

2

南欧風の芸術的なデザインが特徴的なスパニッシュスタイルです。

太陽をイメージさせるような明るい色調の屋根と、砂岩の柔らかでモダンな質感のある壁面。

玄関ポーチには、素焼きの味のある床タイルが張られます。外装には、ロートアルミ格子手すりを設置することで、より南欧風の雰囲気を醸し出します。

内装もカラフルな色調の塗り壁を用いて、個性的で明るい空間が演出される仕様です。

ウッズヒル アーリーアメリカン 坪70万円~

3

本格的なアーリーアメリカンデザインの、注文住宅プランです。外部装飾には輸入部材を取り入れ、デザインに統一感を持たせています。

外壁には、カントリースタイル定番のラップサイディングで施工をおこない、屋根には、リクシルのアンティーク調の屋根材を使用します。

間取りは、家族が楽しく暮らせるコミュニケーション空間が演出され、ロッキングチェアを置いて、家族との会話や読書を楽しめるミッドテリアを設計したり、 隠れ家のような非日常を満喫できる主寝室を設けたりなど、家族が楽しんで暮らせる工夫が盛り込まれている設計プランです。

ウッズヒル~ともに成長する家 坪70万円~

4

シンプルでモダンなデザインが特徴的な、GLホームの「ともに成長する家」。

工夫された間取り設計が特徴的で、スタディ―ルームやスタジオ、シアタープレイルームなどが設けられています。

もちろん、設計は標準仕様に追加して、オーナーの希望を取り入れたり、よりグレードアップすることも可能です。

屋根には、デザイン性を損なわないブラックソーラー太陽光発電を設置。モデルハウスでも展示紹介されている。

GLホームのZEH

5

GLホームのZEH性能を搭載したプランです。

ZEHはネットゼロエネルギーのことで、太陽光発電パネルと消費エネルギー管理パネルなどの省エネ創エネ設備を装備しています。

電気を自ら作って売電することで、毎月掛かる光熱費を相殺してゼロコストに近づけるのが目的です。

GLホームでは、どのデザインプランにもZEH設備を搭載することができます。

アメリカンHIRAYAスタイル

6

GLホームの平屋プランです。

アメリカンデザインはそのままに、奥行きと広さのある平屋住宅をプロデュ―スしてくれます。

屋内リビングと屋外リビング(ミッドテリア)を繋げることで、より広さを感じられる空間が演出されます。

また、屋外リビングではロッキングチェアを置いて、家族や友達とくつろげる空間にすることもできます。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


GLホームの評判、口コミは?事例を紹介

7

GLホームで実際に建てたオーナーの、口コミ評判を調べてみました。
断熱性能や気密性能に定評があるみたいです。

GLホームで注文住宅建築を検討している人は、口コミをぜひ参考にしてください。

冷暖房がよく効く住宅

去年の7月からGLホームで建てた家に住んでいます。
妻と私の好みがスパニッシュだったことから、あちこちのハウスメーカーを調べた結果GLホームにたどり着きました。
冷暖房も良く効くので本当に性能が素晴らしいと思います。
壁付けの一般的なエアコンを使ってます。
ウチは標準のサッシなのでリクシルのサーモス2ですが、サーモスXなどトリプルガラスに変更していたらもっと性能が良かったのだろうなと思います。
YKKさんのサッシはわかりませんが、リクシルのサーモス2の引き違い窓は仕方ないとは思いますがどうしても多少の隙間が出来てしまう(窓と窓の重なる部分)ようで外からの埃がレールに溜まってしまいます。
その辺が気になる方は、なるべく引き互いの窓は少なめの設置をお勧めします。

引用元:e戸建て

冬の寒さも魚の匂いも大丈夫!

GLホームで新築し、ちょうど1年経ちました。
家のデザイン、間取り、内装などアドバイスをいただきながら、ほとんど自分達で考えた注文住宅です。
工事は、予定通り何の問題も無く、きちんと終えました。
全館空調も設置しました。
全てに満足しています。家にいるのが大好きになりました。
身体が芯から冷える事の無かった去年の冬。
今年も寒くなってきましたが、我が家は、どこにいてもちょうど良く快適。
LIXILのエコカラットのおかげか、GLオリジナルのモイスチャーパネルのおかげか、魚を焼いても揚げ物をしても、匂いがすぐに取れます。サイコー!

引用元:e戸建て

予算で悩むオプション追加

予算は一応決めてますが、色々とグレードアップしたりオプション付けたり、費用増は必至です。
GLホームの標準仕様でも十分なんでしょうけれど。
おそらくたった一度キリの買い物なので、妥協できないんですね。
勉強して知ると、色々増えます。
更に知ると、見極めて選別できるのかもしれませんが…。
何も知らずに決めることが一番?

引用元:e戸建て

高級邸宅デザインが魅力的

良さそうな設計が多いけど大きいタイプが多い感ありますので、私が住んでいる地域ですと土地を探すのに苦労するかもしれません、
土地も高いですし。
でも予算があるのなら高いお金を出してても、スパニッシュコートなどは住んでみたいなと思いました。
とにかく邸宅イメージが印象的です。

引用元:e戸建て

評判、口コミまとめ

断熱性と気密性、機能性などの性能的には二重丸という印象です。

ただ、GLホームの住宅設計は一般的な住宅とは違って、少し大きめという意見がありました。

ある程度広い敷地が必要になるのかもしれません。

GLホームの特徴は?

8

GLホームはアメリカの邸宅を再現した、豪華なデザインの注文住宅設計が特徴的です。

欧風デザインが好きなオーナーには、たまらない仕様かもしれません。以下では、そんなGLホームの特徴についてまとめてみました。

洗練された北欧デザインの住宅「ウッズヒル」

9

スパニッシュ、アーリーアメリカン、フレンチ、チュダーなど、北欧デザインならではのゴージャスな外観と内装の邸宅デザインがGLホームのメインプランです。

自宅に居ながらリゾート空間を満喫できるインテリアは、幅広い世代のオーナーから人気があります。

ZEHにも対応しているので、節税対策にもなり、2世代や3世代で暮らす二世帯住宅設計にも対応しています。

2×4住宅から進化したハイパーモノコック構法

10

ハイパーモノコック構法は、床1、壁4、天井1の6面体で建物を支える工法です。地震の揺れやねじれの外圧を、効果的に分散する設計になっています。

厚みのある面体を使用し、床には構造用合板と根太材を組み合わせることで、建物のねじれを防ぐ対策が施されます。

基礎部分には、つなぎ目のないベタ基礎で施工し、土台と基礎をアンカーボルトでしっかり固定し、倒壊しにくい強固な土台を造り上げます。

繰り返しの揺れに強い「GTSウォール」

11

地震による複数回の衝撃を、吸収して分散する制震システムがGTSウォールです。建物の構造躯体となる壁に、特殊な粘弾性体を挟み込みます。

一般的な制震システムより、色んな設計に対応することができ、制震効果が高いのが特徴です。

地震は1回限りではなく、何回もの余震が発生するケースが多くあり、GTSウォールはその時に生じる外圧やねじれから、家全体を保護してくれます。

実験データでは、一般的な住宅と比較して、建物の変形量を2分の1にまで軽減することに成功しています。

家事のストレスを軽減する家事動線の設計

12

多目的空間「ララカジPit」は、GLホーム独自の設計プランです。

洗濯ものは、上下階の移動を無くして2階で洗って2階のバルコニーに干せるような設計を施したり、屋根付きのインナーバルコニーを設けて、天気に左右されることなく外干しが可能になるよう設計したり。

特別な空間を設けて、洗濯や炊事をスムーズにこなせるよう、設計してもらうことができます。

自然の風を温度調整に活用する「パッシブデザイン」

13

GLホームでは、住宅内の風の通り道を上手に設計します。

夏は涼しい空気を地窓から取り入れ、冬は暖かい空気を天窓から下に流れるようなパッシブデザイン設計を施します。

それにより館内の換気効率を上げて、湿気がこもるのを防ぎます。湿気がこもるのを防ぐことで、カビやダニの繁殖も抑制することができる仕様です。

寒冷地仕様の高断熱・高気密施工

14

GLホームのプランは、高断熱・高気密でZEH対応可能となっています。断熱材には、グラスウールより性能が高いロックウールを使用。

ロックウールは、結露に強く劣化しにくく、耐火性にも優れている素材です。壁には、2×4に使われる断熱材の1.6倍の厚みを持ったロックウール断熱パネルを設置します。

寒い冬は暖房の熱を逃がさず、暑い夏は冷やした空気を逃がさないことで、光熱費を大幅に節約することが可能です。

まとめ

今回は、GLホームに関する情報を色々と紹介しました。

建てられる住宅が高級な感じであることと、標準仕様の性能などをかんがみてトータルで考えると、ここの坪単価は妥当な値段だと感じました。

モデルハウス見学や他のハウスメーカーのプランと比較して、慎重にマイホームづくりを初めてみましょう。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
坪単価
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟