レスコハウスの坪単価はいくら?過去3年の推移や他社より高いか安いかなど徹底検証!

1

出典:レスコハウス

レスコハウスの商品は、コンクリート製のキューブ型スタイリッシュデザイン住宅です。

木造建築をメインとするハウスメーカーが多いなか、コンクリート造の注文住宅プランを提案している業者はレアです。

コンクリート製の住宅は、法定耐用年数も木造と比べて長く、地震の衝撃にも強いのが特徴です。

今回は、そんなレスコハウスの特徴や2016年、2017年、2018年の坪単価推移、競合他社に関する情報をまとめて紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レスコハウスの過去3年の坪単価の推移

レスコハウスの、2016年~2018年の3年間の坪単価推移を調べてみました。コンクリート造の住宅は、木造よりもコストが高いので、坪単価が高くなる傾向があります。

設計する内容によっても坪単価は変動しますので、予算オーバーに気をつけながらプランニングをしてもらう必要があるでしょう。

年代2016年2017年2018年
坪単価60~80万円60~80万円60~80万円

坪単価は3年間で特に変動はありませんが、プランの種類は増えているので、商品ごとに価格を差別化している傾向があります。

その分、ローコストを希望する人にも、ハイグレードを希望する人にも住宅を立てやすい内容になっています。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


レスコハウスの特徴は?

ここでは、レスコハウスが、どういうハウスメーカーなのか?について紹介しています。

レスコハウスは、木造住宅建築が多いハウスメーカーの中では珍しい、鉄筋コンクリート住宅を主力商品にしています。

鉄筋コンクリートは地震にも強い材質ですので、住む人に安心感を与えてくれます。以下では、レスコハウスの4つの特徴をまとめていますので、参考にしてください。

丈夫でスタイリッシュな鉄筋コンクリートの家

1

出典:レスコハウス

レスコハウスの注文住宅は、鉄筋コンクリートで出来た住宅になります。

鉄筋コンクリート造は、木造住宅と比べて法定耐用年数が長く、メンテナンスコストを抑えられるというメリットがあります。

また、鉄筋コンクリート造ならではの、四角い形状の屋根がスタイリッシュで人気です。

耐久性、耐震性、断熱性、遮音性、耐火性が抜群の住宅

2

出典:レスコハウス

レスコハウスの鉄筋コンクリート造の住宅は、木造と比べて頑丈にできています。

耐久性、耐震性、断熱性、耐火性に優れており、外界からの音を遮断する遮音性能も高いです。

これらの性能は建物の寿命に直結しますので、長く住み続けられる家としてレスコハウスの住宅は最適だということが分かります。

土地選びからサポートしてくれる

3

出典:レスコハウス

レスコハウスでは、土地選びからサポートしてくれます。注文住宅を建てるにあたって、土地選びは重要なポイントのひとつです。

宅地分譲住宅だと、いやおうなしに住宅と土地がセットになっていますが、注文住宅は本来自分で土地を用意しなければなりません。レスコハウスは、その土地探し自体もサポートしてくれるということです。

コンクリート造だからできる青空リビング

4

出典:レスコハウス

コンクリート造の住宅特有の「屋上のある家」では、屋上に遊べるスペースを設けて椅子を置き「青空リビング」として活用することも可能です。

他にも屋上露天風呂や、バーベキュー設備などを設置することもでき、非日常の空間を自宅の屋上で満喫することができます。

レスコハウスの商品ラインナップごとの坪単価

レスコハウスの商品ラインナップを、概算坪単価と一緒に紹介したいと思います。どのプランもデザインがスタイリッシュでおしゃれ。

ベーシックなプランからガレージのある住宅、二世帯住宅、平屋まで幅広いタイプの住宅建築に対応しています。

坪単価は鉄筋コンクリート造ならではの単価になりますが、それだけの価値のあるプランが提案されていると思います。

CUBE FIT 坪70万円~

5

出典:レスコハウス

CUBE FITは、レスコハウスの自由設計の注文住宅プランになります。コンクリートの独特な質感のデザインが人気の、ワンランク上のオーダーメイドハウスです。

建物のタイプ、デザイン、間取り、設備仕様のすべてを自分色にアレンジして設計してもらうことができます。

複数階建て、平屋、二世帯住宅など様々な住宅タイプに対応可能です。快適性能も抜群で、「ココチE」という換気システムが家全体の空気を換気してくれるとともに、「Z空調」が家中を均一の温度にコントロールしてくれます。

CUBE select 坪60万円~

6

出典:レスコハウス

CUBE selectは、企画住宅に該当する商品です。バリエーション豊富なパーツを組み合わせて、オリジナルの住宅を造ります。

間取りを選び、外観デザインを選び、青空リビングなどの好みのオプションを選び、内装設備を選んでハイグレードな家の設計図が完成します。

企画化されている分、自分色の設計を取り入れることによって生じる失敗が無く、予算も抑えられるプランです。用意された仕様のバリエーションも豊富なので、なかなかのおすすめだと思います。

TOWNCODE 坪60万円~

7

出典:レスコハウス

TOWNCODEで建てられるのは、鉄筋コンクリート造の賃貸住宅です。このプランは、個人向けというより賃貸事業者向けのプランになります。

パレットシステムという手法で、組み合わせるパーツを規格化することで、コストを抑えて提供しています。

パターンは全部で60種類以上あり、ニーズに合わせた賃貸住宅を建てることができます。

街キューブ 坪60万円~

8

出典:レスコハウス

街キューブは、戸建て分譲住宅プランになります。戸建て分譲住宅は、土地と規格化された建物がセットになった商品です。

注文住宅とは違って間取り設計そのものが決まっているので、自由度はありませんが、コストカットにより限られた予算で建てられる住宅になります。

標準仕様で注文住宅プランに搭載している「Z空調システム」も搭載しているので、パッケージ内容は注文住宅に負けず劣らず充実しています。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


レスコハウスの坪単価が上がるオプションは?

レスコハウスでは、プラン内容が注文住宅、企画住宅、分譲住宅に分かれています。

このうち注文住宅に関しては、自由設計なので価格が上下しやすく、企画住宅は仕様を外れる希望を取り入れてもらった時に、その分の追加費用が加算されます。

他にも、鉄筋コンクリート造特有の、屋上スペースを活かした設備を設けた場合などで、坪単価が上がる可能性があります。

屋上で菜園などをする場合の給排水管工事

屋上スペースに、家庭菜園スペースを置く人もいますが、その場合、水やりのための水道を通すこともあります。

そうなってくると、そのための工事が必要になるので、オプションというよりかは付帯工事費が余分にかかってくる形になるでしょう。

デザインの仕様によって坪単価が変わる

デザインに独自のアイデアを反映する場合、そのための費用が別途かかることになります。

レスコハウスの注文住宅プランでは、自由に外装や内装のデザインも変えられますので、仕様のデザインパターン以外のものを希望する場合は、予算を相談しながら設計に盛り込んでいくことが肝心です。

予算をできるだけ抑えたい場合は、デザインに関しては用意されているパターンの中から選んだ方がいいです。

自由設計プランの坪単価は要見積り

注文住宅プランのCUBE FITの坪単価は70万円程度が目安ですが、自由設計プランなので、購入者の希望する設計によって、大きく金額が変動する可能性があります。

特に、屋上に設備を設けた場合、オプションとして追加費用が必要です。当然、坪単価70万円よりも、予算を抑えた設計にすることも可能ですので、レスコハウスに相談してみるといいでしょう。

レスコハウスは契約前見積もりと最終支払い額に差が出る?

契約前の見積もりと、最終的に契約書を交わす時の支払額はどこのハウスメーカーでも差が出ます。

それは、打ち合わせを進めていくうちに、お客さん側の追加の希望を設計に取り入れていくからです。

レスコハウスが販売している住宅商品の中で、CUBE FITは注文住宅プランになりますので、特にその傾向があります。

契約前の見積りはあくまで概算

契約前に出してもらえる見積りは、あくまで「仮」の金額なので、そこからオプションやら標準仕様の変更や等などを希望していくと、 見積金額はどんどんと上がってきます。

ですので、最初に出してもらう見積もりは、あくまで目安として捉えておくといいでしょう。

また、見積書を見る時には、付帯工事費について含まれているかどうかもチェックしておかなければなりません。

付帯工事費とは、建物部分以外の工事に必要となる費用のことで、住宅を支える土地の地盤を改良するための費用や、 水道を通したから工事の費用、電気の配線工事に必要となる費用など、住宅を使えるようにするために絶対必要となる費用になります。

見積書に付帯工事費用が記載されていない場合は、メーカーに付帯工事費についての見積もりもお願いした方がいいです。

建売住宅とは違う注文住宅

最初に出してもらう見積り金額と、最終的に契約する時の金額に差が出るのに抵抗がある場合は、建売住宅を選ぶという方法もあります。

建売住宅は、すでに設計が決まっている住宅のこと。そのタイプの住宅であれば、価格の目星がつきやすいのは確かです。

ただし、建売住宅はオリジナリティに欠けますので、こだわりのマイホームが欲しい人にはあまりお勧めできません。

ハウスメーカーと本格的な相談に入る前に、こちらから事前に使える予算について伝えておくことも大事です。

メーカーからしても、先に予算を言ってもらった方が話を進めやすいそうです。ですので家族とよく相談して、家計と相談しながら予算を検討してみましょう。

レスコハウスの坪単価は高い?安い?競合3社と比較!

4

出典:レスコハウス

ここでは、レスコハウスと、その他3社の競合ハウスメーカーを比較しています。

どこも坪単価は少し高めの設定のところが多いですが、デザイン性、建物性能などは申し分無いメーカーです。

特に大成建設ハウジングは、レスコハウスと同じ鉄筋コンクリート造の住宅を取り扱っていますので、プラン内容を比較しやすいかと思われます。

大成建設ハウジング 坪70~80万円

7

出典:大成建設ハウジング

レスコハウスと並んで、コンクリート造の住宅を手掛けるハウスメーカーです。国内で、コンクリート造の住宅を取り扱っているメーカーは少ないので、貴重な比較参考の対象になるでしょう。

外観デザインのパターンも豊富で、ヨーロピアンデザインが特徴のユーロシリーズは評価が高いです。

コンクリート造ならではの複数階層の住宅建築も可能で、4階建てのプランも希望できます。また、間仕切り壁を可変式にして、間取りを変えられるような施工も特徴的です。

土屋ホーム 坪65~75万円

8

出典:土屋ホーム

外断熱の施工が特徴の土屋ホームでは、寒冷地仕様の住宅としても最適です。

断熱材としてよくつかわれているグラスウールの1.6倍の性能を持つSEベストボードを断熱材に使用していて、外気を建物内部に通さない施工が施されています。

また、このSEボードには自己消化能力があり、燃えにくいという特徴もあります。商品のラインナップは、壁と屋根に太陽光発電機器を搭載した「イコイ」プランが人気です。

他にも空調1台で家全体の温度をコントロールできるダブル断熱仕様の「ニューレジェンド」もよく選ばれています。

土屋ホームの坪単価の比較!見積もりと最終支払額との差など調べてみた!
出典:土屋ホーム 土屋ホームは北海道に本社が有るメーカーで、北海道から関東、長野エリアにかけて主に展開しています。 北海道発のメーカーらしく高気密・高断熱に強みを持つ住宅を作っていて、同エリアでは大手メーカーに負けず常に上位の施...

ユニバーサルホーム 坪40~60万円

9

出典:ユニバーサルホーム

間取りやデザインの施工バリエーションが、とても豊富なハウスメーカーだと感じました。1000通り以上の間取りの中から、最良のパターンを提案してくれます。

他にも、地熱床暖房がユニバーサルホームの目玉の装備で、床下に地熱を利用して温水を通す設備を置きます。

これのおかげで、真冬の床を15度程度に保つことができ、リビングやキッチンの床を快適にしてくれます。

その他、耐震性を発揮する制振装置や断熱ガラスなど、建物としての性能も非常に高いため、ローコスト住宅であることを考えると、かなりお得な住宅を提供しているメーカーだと思います。

ユニバーサルホームの坪単価の比較!3年分の推移や見積もりと最終支払額との差など調べてみた!
出典:ユニバーサルホーム ユニバーサルホームはアイフルホームの創業者が、アイフルホームを離れた後に設立した会社です。 ローコスト住宅をフランチャイズ方式で運営する方針はアイフルホームと同じですが、ユニバーサルホームはアイフルホー...

まとめ

ここでは、レスコハウスというハウスメーカーについて情報をまとめてきました。

鉄筋コンクリート造のマイホームは、少々値段が張りますが、安全性が高くデザイン的にもなかなか格好良い印象を受けます。

また、どことなく高級感が漂うデザインも多いので、予算を掛けられる人には、レスコハウスがとてもおすすめだと思います。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
坪単価
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟