パパまるハウスの坪単価の比較!3年分の推移や見積もりと最終支払額との差など調べてみた!

papamaru

出典:パパまるハウス

パパまるハウスは2014年に桧家ホールディングスが、新潟県を中心に営業をしていた北都ハウスを子会社化して生まれたハウスメーカーです。

北都ハウスの販売していた「パパまる」という企画住宅のモデル名をそのまま社名にし、主に東北から関東、北陸にかけて展開しています。

企画住宅をメインに取り扱い、仕様は桧家と同じアクアフォームを標準として断熱性能を高めています。

パパまるの言葉にちなんだ、880万円の家が目を引きますが果たしてその坪単価と中身はどうなっているのでしょうか。詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パパまるハウスの過去3年の坪単価の推移(2015・2016・2017)

年代2015年2016年2017年
坪単価32.6万円32.6万円32.6万円

 

まず最も目を引く880万円の家ですが、パパまるハウスとなってから現在まで同じなので、坪単価も32.6万円で動きはありません。

実際には景気の影響などから若干は原価アップがありそうですが、価格を上げてしまって他の1000万円を切るメーカーより目立たなくなるのを恐れているのでしょう。

ローコストで具体的な金額を売り文句にするメーカーの苦しいところだと思います。

ただ880万円は27坪の住宅であり、同社が展開している地域の需要を考えるとかなり狭めで、実際にどこまで需要があるのか不透明です。

同社のサイトを見ても、もっと小さいプランがあるはずですが30坪からしか参考プランは掲載されていません。

恐らく880万円はお客さんをモデルルームに足を運ばせる、広告の意味合いが強いと思います。多くの場合は880万円とならないことは知っておいた方が良いでしょう。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


パパまるハウスの坪単価の内訳は?

同社の坪単価の中にはキッチン、バス、トイレ、洗面などの水周りや、LED照明も標準で含まれています。

さらに親会社の桧家も採用するアクアフォームやLow-E複層ガラスが標準となっており、断熱性能にも力を入れた内容になっています。

一方で下記のものが坪単価とは別に必要になります。

・インテリア工事(カーテン、エアコン等)
・仮設工事(工事用の電気、水道、トイレ、足場)
・設計料
・外部給排水工事
・浄化槽
・各種申請料
・登記関係
・銀行諸費用(ローンを組む場合)

これらは他メーカーでも別になるのが一般的ですが、インテリア工事や仮設工事、設計料などは坪単価に含めるメーカーも出てきていますので、比較する場合はしっかりチェックするようにしましょう。

パパまるハウスのラインナップから見る坪単価

「パパまる」から「パパゼロ ZEH」までは単世帯向モデルとなっており、価格や装備は同じで外観が変わるだけなので、モデル名と特徴のみご紹介しておきます。

価格は全て27坪で880万円、坪32.6万円になります。ちなみに実際に需要のありそうな33坪の家は1,020万円、坪30.9万円ですので参考までに覚えておいて頂くと良いでしょう。

「パパまる」

同社のメインモデルで飽きのこないシンプルな外観になっています。内装もシンプルで住む人を選ばないナチュラルで明るいものです。

「パパまる アーバン」

シンプルでモダンな外観の都会的なデザインのモデルです。内装はナチュラルでシンプルなものになっています。

「パパまる ベーシック」

外装にレンガ調のサイディングを部分貼りして、アクセントのある外観になっています。内装は落ち着いた濃いめのブラウンを基調としています。

「パパまる ユーロ」

白い外壁とオレンジ屋根のリゾートチックな南欧風モデルです。内装は爽やかで明るいナチュラル系の仕上げになっています。

「パパまる キューブ」

モダンテイストを強調したスクエアな外観でフラットルーフにもなっています。内装はミディアムブラウンで明るさと落ち着きがとてもいいバランスです。

「パパゼロ ZEH」

このモデルはZEH対応のモデルとなっており太陽光パネル(京セラの5kw)、エアコン、HEMSが標準になります。

さらにアクアフォームの厚みもアップと豪華仕様ですが、価格は据え置きと非常にお得なモデルになっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、平屋と二世帯のタイプは少し坪単価が異なってきます。

「パパまる 平屋」 坪35.2万円

25坪で同じ880万、坪35.2万円となります。

2階建てモデルは同じ25坪だと坪33.6万円なので単純に計算すると平屋が坪でプラス1.6万円なので、他社の平屋の坪単価アップから比べるとかなり抑えめです。

今はまだ平屋の棟数が少なく、利益をあまり優先していないのかもしれませんが、これから増えてくると価格改定で上がる可能性は十分にありますので、検討されている方は早めに動いた方が良いかもしれません。

「パパまる 2世帯」 坪32.3万円

参考プランで最も小さい43坪で1390万円、坪32.3万円となります。2階にもキッチン、バス、洗面台が付いている2世帯向けのモデルです。

2世帯住宅は奥様と親御さんの希望の擦り合わせがポイントなので、しっかり相談して選びましょう。

つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


パパまるハウスの契約前見積もりと最終支払額の差は?

同社は企画住宅のみで間取りの変更も無くオプションも限られるので、契約前と最終支払いに大きな差が生まれることは少ないでしょう。

ただしパパまるハウスに限らず金額で選んで契約してしまい、その後同じ坪数の実際の家を見たら狭かったので大きいモデルに変更するケースは、実は良くあります。

そこで慌てないようにするには、やはり契約前に実際の家を見せてもらうことが大切です。

パパまるハウスの坪単価が上がるオプションは?

「屋根裏収納」40万円~

同社の人気のオプションで、限られた坪数の住宅では収納確保のためには有効です。

割高に感じるかもしれませんが、はしご階段ではなく固定階段なので荷物を持っての上り下りも安全でオススメです。

「1階全室床暖房」40万円~

足元から暖まるので温度をあまり上げなくても良く自然な暖かさが保てます。

1階全室なのでどこにいても快適なのがありがたいですが、ランニングコストは必ず確認しましょう。

「プレミアムZ」120万円~

1,2階をそれぞれ1台ずつのエアコンで冷暖房を行う、セパレート式全館空調のZ空調(ぜっくうちょう)と全熱交換式換気システム「ココチE」、桧家でも採用されているアルミシートを外回りの断熱層に使った「Wバリア工法」がセットになった断熱性能アップのオプションです。

「地盤改良費」

金額は面積や補強方法によるので、数十万円から100万円を越える場合もあります。

しかしこれはパパまるハウスに限らずほとんどのメーカーで同様ですし、金額も会社によって大きく変わる事は少ないでしょう。

資金計画がきつめの方は事前に、建てる場所の近所での前例を聞いておくと良いでしょう。

パパまるハウスの坪単価に地域差はあるの?

同社は金額を公示している上に企画住宅ですので、坪単価の地域差はありません。

展開地域に東京や神奈川など大都市圏が無いので、他社のように諸経費や外構費など大きな違いが出ることもないでしょう。

パパまるハウスの坪単価は高い?安い?競合3社と比較!

「はなまるハウス」 坪32.2万円

群馬県を中心に栃木、千葉、福岡に展開する住宅メーカーです。

企画住宅専門なところや870万円で建てられるとの宣伝文句も似ており、まさに競合必至でしょう。

ただ断熱性能やZEHの対応などはパパまるハウスの方がアドバンテージがあります。

はなまるハウスの坪単価の比較!3年分の推移や見積もりと最終支払額との差など調べてみた!
出典:はなまるハウス はなまるハウスは群馬県を中心に栃木、千葉、福岡にも展開する住宅メーカーです。 親会社はやはり群馬県に展開するケイアイスター不動産で、建売りを中心に近年急成長をしています。 はなまるハウスの住宅の最大の特徴は...

「アイダ設計」 坪33万円~

こちらも坪単価的にはかなり近いものがある住宅メーカーですが、大きな違いが自由設計であることです。

当然自由設計だと追加のオプションで金額がアップするので、コミコミでもパパまるハウスと同じ金額という訳にはいきませんが、ローコストであることに変わりはなく、せっかくの一生の家なので色々間取りを考えてみたい方は検討の余地がありそうです。

アイダ設計の坪単価の比較!3年分の推移や見積もりと最終支払額との差など調べてみた!
出典:アイダ設計 アイダ設計は宮城県から沖縄県までショールームやキッズスペースを備えた店舗があり、お客様にとって「紛らわしい価格設定はしない」、「誤解されるような価格交渉はしない」、「不信感を抱かせるような対応はしない」をモットーに丁...

「アイフルホーム」 坪29.8万円~

本来は坪40万円台が中心の価格帯であるアイフルホームですが、セシボ爽というモデルに限っては坪29.8万円~で、パパまるハウスの40坪のモデルと価格がほぼ同じです。

元々の価格帯に競合がひしめくようになり、ターゲット層を広げる為に出してきた戦略モデルですが、自由設計なのがユーザーには魅力でしょう。

ただしアイダ設計と同様に自由な分、追加を含めた最終価格を契約前にしっかり確認することが大切です。

アイフルホームの坪単価は?他社との比較や見積もりと最終支払額との差など調べてみた!
アイフルホームは、窓や玄関ドア、エクステリアやタイルなどの内外装建材の他、トイレや浴室、システムキッチンなどの水まわり設備商品やインテリア商品など業界随一の豊富な商品・サービスを展開しているLIXILグループの一員です。 LI...
つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

\見積もり・間取りプランがタダ/

お断り自由の家づくり資料請求をする!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
坪単価
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました