へーベルハウスの二世帯の評判は?間取りの実例を紹介!

hb2001

出典:スカイコテージのある家

へーベルハウスは、1975年にはじめて二世帯住宅を取り扱うようになりました。

40年以上の二世帯住宅のパイオニアとしての、長年の研究結果やノウハウを生かした、二世帯住宅つくりをお手伝いしてくれます。

そんなへーベルハウスの二世帯住宅には、どのような評判が挙がっているのでしょうか。

へーベルハウスの二世帯住宅の評判や間取りの実例など、知ってほしいポイントを詳しくご紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

へーベルハウスの二世帯に対応するラインアップは?

へーベルハウスの二世帯住宅に対応するラインアップは、これらの商品があります。

スカイコテージのある家 天空こども城

スカイコテージのある家 天空こども城は、2階建てプラスアルファの外部空間と内部空間を一体化させた、3階建て住宅です。

二世帯住宅向けの都市型住宅であり、2階の屋上にさらに住居空間を設けることができるので、狭小な土地でも二世帯住宅をつくることが可能となります。

3階建てに見えないようにひっそりと3階部分があるので、圧迫感のない二世帯住宅とすることができます。

イコイ

へーベルハウスのイコイは、二世帯で楽に安心して暮らせる二世帯住宅へとみちびく商品です。

交流空間や協力空間、自分空間などの空間を設けて、二世帯共に効率よく暮らしていける建物へとみちびきます。

経済的で適した住まいをつくることで、各世帯がそれぞれ楽しく自分らしく暮らしていけるマイホームとすることができます。

今どきの子育て家族をサポートできる、現代的な二世帯住宅をつくることができます。

2.5世帯住宅

へーベルハウスの2.5世帯住宅とは、親世帯と子世帯、兄弟姉妹も一緒に暮らす新しい形の二世帯住宅です。

一般的な二世帯住宅は親世帯と子世帯のみですが、そこに親世帯に居る単身の子(古瀬台風分兄弟姉妹)も一緒に暮らす住宅であり、0.5世帯をプラスするという考えで2.5世帯住宅と名づけられました。

団塊の世代には、夫婦のみではなく親と単身の子で暮らす世帯が多くなってきています。

親世帯に単身の子が居住している場合、二世帯住宅の具体化が難しくなっているという見解があります。

親世帯や子世帯はもちろん、同居している単身の子も含めた全員が満足して暮らす実態が多く、そのような世帯が選択できる二世帯住宅の進化バージョンをつくりました。

都市の実家

へーベルハウスの都市の実家は、同居はしていないが別に暮らす子供一家が宿泊する機会が多いお宅のための、住宅です。

二世帯住宅ではありませんが、子供家族が泊まりに来ることが多いお宅は、子供家族が宿泊できるスペースを確保しておかなければいけません。

都市の実家は、二世帯住宅としてはコンパクトな間取りながら、同居していない子世帯が気軽に宿泊でき、親世帯が外部の来客を招き入れやすい建物としました。

また、親世帯の介護が必要になった際にも暮らしやすいなどの融通性の高さも加えた、現代的な親世帯の住まいです。

キュービック

へーベルハウスのキュービックは、四角い形が人気の商品です。

真四角な空間の中に二世帯をつくることで、スタイリッシュで飽きのこない二世帯住宅とすることができます。

キュービックはヘーベルハウスの人気商品なので、多くのお客様が二世帯住宅に採用されています。

へーベルハウス キュービックの評判は?間取りやフレックスとの違いを解説!
出典:ヘーベルハウス へーベルハウスの人気のシリーズ「キュービック」は、独自の形とへーベルハウスのノウハウが詰まった、納得の住宅です。 へーベルハウスのキュービックの評判や間取り、フレックスの違いなど、詳しくご紹介していきます。...
つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

タウンライフ家づくりなら二世帯の間取りプランや費用などあなたの希望に合わせた資料請求も可能!

カタログを無料おまとめ取り寄せする!

\諸費用含めたリアルな坪単価知りたい方必見/

簡単3分!タウンライフ家づくりはこちら

へーベルハウスの二世帯の評判は?

へーベルハウスの二世帯住宅には、どのような評判が挙がっているのでしょうか。へーベルハウスの二世帯住宅について、口コミをご紹介いたします。

互いの世帯の音が聞こえにくく快適

二世帯住宅にする際に1番重要視したかったのは、音の問題です。

親世帯は早く寝ますし、我々子世帯は遅くまで起きているので、音を響かせてしまうことで迷惑をかけてしまうのが気になっていました。

へーベルハウスさんはヘーベルライトを使っているので、音が伝わりにくいということでお願いしました。

防音性には半信半疑でしたが、本当に音が響きにくい我が家となりました。

足音もそうですが排水音などの生活音の響きも気になっていたのですが、ほぼ気になりません。親世帯にも音のことを聞くと全く気にならないと言ってくれるので、本当に助かっています。

生活ゾーンのアドバイスで納得のいく二世帯に

二世帯住宅を考えていたのですが、どのように考えればいいのか見当がつかず困っていました。

展示場でヘーベルハウスのスタッフさんに相談をしたところ、とても細かく対応してくださいました。

我が家は一部を共有するスタイルに決めたのですが、意外に快適に生活ができています。

共用部分を共通にしたことで費用の節約にもつながり、共用部分を一緒に使うことでコミュニケーションも取れるので、良かったと思っています。

完全分離の独立タイプしか考えていなかったので、アドバイスをもらえて本当に良かったです。

理想の二世帯住宅に

満足のいく二世帯住宅にしたく、二世帯住宅に詳しいヘーベルハウスにお願いしました。

両世帯の生活ゾーンをしっかり分けて、プライバシーを生かして交流もできる二世帯住宅とすることができました。

動線にもこだわった間取りを提案してくれて、さすがだなと思いました。耐震性にも富んでいて頑丈な家なので、家族みんなで住んで安心できる部分も頼もしいです。

同居して良かった二世帯住宅

二世帯住宅を検討していたのですが、上手くいくのか不安でした。

へーベルハウスは二世帯住宅に詳しく、色んなアドバイスをもらって検討しました。

お陰で納得できる二世帯住宅となり、子世帯ともいい距離感で生活ができています。

音の問題や互いの世帯の割り振りなど、とても勉強になり助かりました。休みの日は皆で片方の世帯に集まって食事したり、とても楽しいです。

親と暮らしても安心の頑丈な二世帯

へーベルハウスに決めた理由は、頑丈な二世帯住宅をつくることができることです。

鉄骨造で耐震性に富んでいるので、家族みんなで住んでも安心して暮らせます。

断熱性にも富んでいて、光熱費も以前よりグっと少なくなりました。

あらゆる生活のしやすさが詰まった二世帯住宅で、とても満足しています。

へーベルハウスの二世帯の間取りを紹介

へーベルハウスの二世帯住宅の間取りを、3つご紹介いたします。

2階建て 3LDK+3LDK

完全独立の、玄関も別々のスタイルの二世帯住宅です。

2階建ての家を2つ並べたような、建物の中心から2つに分けたような二世帯です。

親世帯にはエレベーターを設置して、2階へ楽に行き来ができるようにしました。

玄関の別々の完全な独立型二世帯なので、お互いの生活を気にせず暮らすことができます。

参考:http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/nisetai/plan_data/plan01.html/

2階建て 1LDK+3LDK

アプローチと玄関、和室、トイレ共通の、共用型の二世帯住宅です。そのため、外観は1件の家といった印象を受けます。

玄関だけではなく1階の和室も共用にしたことで、互いの世帯が来客時のもてなしに使うことができます。

玄関を共用したことで、ちょっとしたコミュニケーションの取りやすい二世帯とすることができます。

参考:http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/nisetai/plan_data/plan15.html/

2階建て 5LDK

融合型の二世帯住宅で、LDKや水まわりは共用で使う二世帯です。

1階の半分を共用部分とし、1階の残りの半分は親世帯の専用部分、2階の全てを子世帯の専用部分としました。

憩いの場は二世帯全員で使うので、コミュニケーションの取りやすい二世帯住宅です。

また、水まわりは1か所を共有するので、水まわりにかかる工事費用の節約とすることができます。

プライバシーには欠けているので、プライバシーを確保したい世帯がある場合は不向きの間取りとなります。

参考:http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/nisetai/plan_data/plan21.html/

へーベルハウスの坪単価の比較!3年分の推移や見積もりと最終支払い額との差など調べてみた!
出典:ヘーベルハウス へーベルハウスはALCと呼ばれる軽量気泡コンクリートを構造とし、ALC内部に鉄筋を埋め込むことで軽量かつ高強度、高耐久が特徴のハウスメーカーです。 ALCコンクリート造のへーベルハウスは日本の在来木造住宅が...
つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

タウンライフ家づくりなら二世帯の間取りプランや費用などあなたの希望に合わせた資料請求も可能!

カタログを無料おまとめ取り寄せする!

\諸費用含めたリアルな坪単価知りたい方必見/

簡単3分!タウンライフ家づくりはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
注文住宅
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟