床暖房のフロアコーティングへの影響は?耐熱性はある?

d00617fd51e2cd9c1faa64d9a055382c_s

 

フロアコーティングは、床暖房の床でも施工は可能なのでしょうか?

フロアコーティングは素晴らしいですが、熱に弱いようではあらゆる弊害が起きてしまいますよね。

ここでは

  • フロアコーティングしたけど床暖房は使えるのか
  • 耐熱温度の高いフロアコーティングの種類は?
  • こたつやストーブは問題ないのか

など、フロアコーティングの床暖房などの熱への影響を、まとめてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フロアコーティングしたけど床暖房は使える?

床暖房を使用するのであれば、耐熱効果の高いフロアコーティングを塗布することで問題なく使うことができますよ。床暖房のフローリングの温度は25~30度程度です。

この温度よりも高い耐熱効果があるフロアコーティングであれば、問題なく使えるということになります。

しかし、多少の耐熱温度の高さでは不安ですので、万が一のために耐熱温度が高いフロアコーティングを施すことをオススメします。

フロアコーティングの種類と耐熱性

フロアコーティングの種類は主に次の4つになります。

  • ウレタンコーティング
  • シリコンコーティング
  • ガラスコーティング
  • UVコーティング

です。

それぞれの特徴や費用などは「フロアコーティングの種類」にまとめてますのでご覧ください。

耐熱温度を表にまとめました。

種類耐熱温度
ウレタンコーティング70度
シリコンコーティング400度
ガラスコーティング1200度
UVコーティング200度

200度以上ある場合は、基本的にどこの部屋でも施工可能と考えられます。200度未満の場合は、キッチンには不向きといえます。

ガラスコーティングが熱に強い

床暖房に1番安心なフロアコーティングは、ガラスコーティングです。ガラスコーティングの耐熱温度は1200度で、フロアコーティングの中では最高の耐熱温度です。

そのため、床暖房の温度を高くして使っても、全く影響はありません。熱に非常に強く日常的な熱に対しては全く問題がないので、オススメのフロアコーティングですよ。

\最大8社から無料一括見積もり/fc336

こたつ、ストーブはどうなの?

こたつは、カーペットやマットを敷いて使用する場合が大半なので、床暖房の用に直接床に熱を伝えることはありません。

そのため、フロアコーティングへの影響は気にすることはありません。どのタイプのフロアコーティングでも、問題なく使うことができます。

しかしストーブは温度の影響を床に与えやすいので、ストーブの近くの床は温度が高くなってしまう傾向があります。

耐熱性が低いウレタンコーティングは避け、UVコーティングやガラスコーティングなどの耐熱性が高いフロアコーティングがオススメです。

熱に弱いフロアコーティングは避けるが吉

床への熱の影響が心配な場合は、熱に弱いフロアコーティングは避けるようにしましょう。1番安心なのは、耐熱性が1番のガラスコーティングです。

1200度まで耐えることができるので、熱に対しては全く心配はありません。

床暖房で発生してしまうフロアの収縮を防ぐ効果もあるほど、熱に対しては優れた効果を発揮してくれます。熱に対して心配であれば、ガラスコーティングの採用で解決できますよ。

フロアコーティングの種類と選び方!最新のトレンド、おすすめは?
フロアコーティングの種類は、沢山の種類があります。どれがいいの?と迷ってしまう人もいると思います。 フロアコーティングは種類により性能が全く違うので、自分が納得できるコーティング剤を選んで床を綺麗にしましょう。各フロアコーティ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フロアコーティング
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました