フロアコーティングの種類と選び方!最新のトレンド、おすすめは?

285ece56bd1dcf716f3bcb6bb8d212e6_s

フロアコーティングの種類は、沢山の種類があります。どれがいいの?と迷ってしまう人もいると思います。

フロアコーティングは種類により性能が全く違うので、自分が納得できるコーティング剤を選んで床を綺麗にしましょう。各フロアコーティングの特徴や耐久性など、詳しくご紹介します。

【必見】フロアコーティングおすすめランキング@評判・口コミから決まりました!
フロアコーティングというのは、床のメンテナンスとキレイさをキープするために、とても注目を集めています。 フロアコーティングを行う前に、どのような部分を抑えておくべきなのか、知ってほしいポイントや業者のランキングなどを、まとめて...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フロアコーティングの種類は何がある?

各フロアコーティングの特徴や耐久性など、詳しくご紹介していきます。

アクリルコーティング

アクリルコーティングは、フロアコーティングの中で1番効果が低いコーティングです。水溶性のアクリルを使ったコーティングであり、ある程度経つとはがれやすいコーティングです。

しかし、剥離作業が簡単なので、その手軽さから人気があります。シンナー臭がしないので、臭いを気にせずにフロアコーティングができるというメリットもあります。

ワックスの延長で、お安くフロアコーティングをしてみたい人に、オススメのフロアコーティングです。

耐久性

耐久性は非常に低く、2年程度しか持ちません。ワックスより少し持つのかな、程度の耐久年数です。そのため、2年ごとの塗り直しが必要となります。耐塩性に富んでいるので、海に近い建物に施工が可能です。

乾くまでの時間

アクリル系は速乾性があり、1時間程度で乾きます。1日経てば、家具などを置くことができますよ。

費用

アクリルコーティングは性能が最も低いコーティングなので、価格も激安です。10畳程度で、3万円程度で施工ができます。

耐久性は乏しいですが、かなりリーズナブルに施工ができます。そのため、気軽にフロアコーティングができる部分が人気です。

ウレタンコーティング

ウレタンコーティングは、昔からあるフロアコーティング剤です。摩耗や傷に強く、ツヤをコントロールできる部分が人気のポイントです。

柔軟性が高い仕上がりになり、自然な仕上がりを演出してくれます。ただし、耐久性が乏しいので、塗り直しが必要なのがデメリットです。

耐久性

耐久性に乏しく、5年程度しか持ちません。フロアに対し密着度が非常に弱く、剥がれやすいのがデメリットです。薬品に対して弱いので、薬品を扱う場所では使用できません。

乾くまでの時間

施工後5時間程度かかり、翌日でないと家具などの重量物は置く事はできません。

費用

10畳当たり、7~10万円程度が相場です。

ガラスコーティング

ガラスコーティングは、硬度8Hの硬いフロアコーティングであり耐久性が抜群のフロアコーティングです。

傷つきにくく汚れにくいので、扱いやすく手間がかかりにくい床にしてくれます。傷やペットのひっかき傷ができにくくなるので、傷がない綺麗な床へとみちびいてくれます。

ツヤや光沢感は控えめでマットな感じなので、上品な床を演出してくれます。シックハウスの原因になるホルムアルデヒドが含まれていないので、体に良くない成分を気にせず採用できるメリットがあります。

耐久性

耐用年数は、20年程度と長めです。ガラスコーティングは無機質であり、酸素を通さないので床の酸化を防ぐことができます。

床の色が変わりにくく汚れも通しにくいので、汚れにくい床へとみちびいてくれます。8Hと硬度がとても高いので、摩耗しにくく塗りたての状態で長期間過ごせるという、メリットがあります。

乾くまでの時間

2~3時間で乾燥しますが、完全硬化までは1~2日程度かかります。そのため、住みながらガラスコーティングを行う場合は、一気に家の全てをコーティングしてしまうと生活が困ってしまいます。そのため、部分的に行っていくことをオススメします。

費用

10畳当たり、10~15万円ほどかかります。ちょっと高いですが、耐久性が高くホルムアルデヒドが含まれていなく安全に使えるので、妥当な金額といえます。

シリコンコーティング

シリコンコーティングは、マットな仕上がりにしてくれるフロアコーティングです。フロアコーティング独自のピカピカ感が出ないので、マットでナチュラルな雰囲気が好みの人にオススメです。

滑りにくい床に仕上り、ホコリが舞い上がりにくい効果も発揮します。水や油に強く内部浸透を防ぐことができるので、水や油をこぼしても床材に余計な負担を掛けずに済みます。

耐久性

耐久性は10~20年と、長めです。塗膜の硬さは6H程度であり、UVやガラスコーティングより多少劣る程度です。

シリコンコーティングは塗り直しができないので、シリコンコーティングの効力が無くなったら、その上から再度塗ることはできません。

乾くまでの時間

5時間程度で乾きますが、家具など重い物を置くまでは24時間開ける必要があります。

費用

10畳間で、15万円程度が相場です。性能が高いコーティングなので、コスパは高いといえます。

UVコーティング

UVコーティングは、高い耐久性と滑り防止機能を持っているすばらしいフロアコーティングです。

滑りにくくゴージャスな仕上がりになるので、とても人気があります。保証期間も長いので、1度施工すれば手間がかかりにくい床にすることができます。

耐久性

耐久性に大変富んでおり、20~30年ほど持つコーティングです。UVフロアコーティングは塗膜が厚いので、摩擦による経年劣化に強いコーティングです。

UV効果があるので、紫外線の影響も防ぐことができます。強度の高いコーティングであり、その強度は6H程度です。

そこまで強度が高いと割れるのでは?と気になるかもしれませんが、UVフロアコーティングは硬さだけではなく弾力性もあります。そのため、強い力が加わっても気にすることはありません。

乾くまでの時間

紫外線を照射することで瞬時に硬化するコーティングなので、数秒で固まります。養生期間が少なく、1日で施工が可能です。

24時間後には、重たい家具を置いても問題ありません。ミニマムに工期を抑えることができるので、工期が短いお宅に採用されることが多くあるフロアコーティングです。

費用

UVフロアコーティングは、性能が最も高いコーティングです。そのため、数あるフロアコーティングの中で最高峰の費用の高さとなります。

10畳程度で、20万円以上かかります。費用が高過ぎると思うかもしれませんが、優れた性能を発揮して長持ちするので、結果コスパは悪くないフロアコーティングとなります。

\最大8社から無料一括見積もり/fc336

ダイアコーティング

ダイアフロアコーティングは、セラミックシリコンとガラスを合わせて作った、ミシナコーポレーションが自社開発したフロアコーティングです。

保証期間が長いことで、注目されているフロアコーティングです。耐久性だけではなく耐摩耗性にも大変富んでおり、綺麗な状態で長持ちして使うことができるフロアコーティングです。ホルムアルデヒド発散量が0であり、安全に使うことができます。

耐久性

ダイアコーティングは、日本初の35年保証のフロアコーティングです。そのため、35年長持ちするフロアコーティングであり、1度施工すればメンテナンスフリーとなるといえるでしょう。

最適な割合で混ぜ合わせたコーティング剤のため、他のコーティング剤では真似できない耐久性や耐摩耗性に富んだフロアコーティングです。

乾くまでの時間

2~3時間程度の乾燥時間であり、施工した日に歩行が可能となります。完全硬化は2日ほどかかるので、家具などの重たいものは2日目以降に乗せるようにしましょう。

費用

10畳程度で、25~30万円程度の費用となります。価格はかなり高めですが、耐久性に大変富んでいるので決して高くない費用といえます。

1度塗布すればメンテナンス不要となるので、床のメンテナンスのストレスが無くなりますよ。

セラミックコーティング

セラミックコーティングは、無機化合物のセラミックの薄膜をコーティングするフロアコーティングです。

紫外線劣化しにくい素材を採用したUV効果があるフロアコーティングなので、床の色合の劣化を防ぐことができます。

無機質素材なので、劣化しにくいというコーティングです。ツヤや光沢を抑えたマットな仕上がりになり、ピカピカしていない床に仕上げてくれます。

耐久性

高硬度と耐薬品性に富んでおり、10~15年の耐用年数があります。化学的な反応に乏しいので、何かをこぼしてしまってもコーティングや床材に影響を与えません。

また、ひっかき傷に強いので、小さなお子さんやペットがいるご家庭に適したフロアコーティングです。

乾くまでの時間

2時間ほどで硬化し、24時間で完全硬化します。そのため、24時間経ったら家具などの物を乗せることが可能となります。

費用

10万円程度で施工が可能なので、性能と比べるとコスパが良いフロアコーティングといえます。

フロアコーティングの選び方

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

フロアコーティングの種類は、このように多くの種類があります。失敗しないためにはどのような基準で選ぶべきなのか、3つの選び方の基準をご紹介します。

部屋の使い方に合わせる

1番目を向けてほしいポイントは、フロアコーティングをする部屋の床はどのような使い方をする床なのかです。

ペットがいたり水などの液体をこぼしやすい部屋は、水に強いフロアコーティングがオススメとなります。

小さい子供ややんちゃなペットがいる場合は、ひっかき傷に強いフロアコーティングがオススメとなります。

お年寄りがいる場合は、滑りにくいフロアコーティングがオススメとなります。その部屋の用途に合わせて、似合ったフロアコーティングにしなければ意味がありません。

光沢が必要か不要か

フロアコーティングは、種類により光沢の状態が全く違います。ピッカピカに仕上がるフロアコーティングもあれば、マットでツヤが全くないフロアコーティングもあります。ツヤ有りとツヤ無しどっちが好みなのかを考えて、フロアコーティングを選びましょう。

どれぐらいの予算か

フロアコーティングの費用は、種類によりピンキリです。お手頃価格のものもあれば、とても高価なフロアコーティングもあります。自分の予算を決めて、それに似合ったフロアコーティングを選ばないといけません。

ただし、安いフロアコーティングは耐用年数が少ないので、長持ちできる部分も踏まえて決めなくてはいけません。

最近のトレンド!UVフロアコーティングがおすすめ!

数あるフロアコーティングの中で、みんなに選ばれているフロアコーティングは、UVコーティングです。フロアコーティングを行ったお宅の、半分以上を占めています。

UVフロアコーティングは施工費用は高いのですが、長期的にみて長持ちする部分に魅力を感じているお客さんが多くいます。

長持ちするので、ワックスがけが不要になり、床へのメンテナンスを少なくできる部分が人気のようです。

また、UV効果でフロアの色の劣化がしにくく、年月が経っても貼りたての綺麗な床の色で居続けることができる部分も人気の1つです。

\最大8社から無料一括見積もり/fc336

【必見】フロアコーティングおすすめランキング@評判・口コミから決まりました!
フロアコーティングというのは、床のメンテナンスとキレイさをキープするために、とても注目を集めています。 フロアコーティングを行う前に、どのような部分を抑えておくべきなのか、知ってほしいポイントや業者のランキングなどを、まとめて...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フロアコーティング
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました