アキュラホームの平屋の評判は?間取りの実例を調べてみた!

アキュラホーム

出典:アキュラホーム|人気の平屋実例6選

アキュラホームの平屋は、長期優良住宅の注文住宅で有名です。

お得な費用から家を建てることができるということで、多くのみなさんに人気があります。そんなアキュラホームの平屋の評判は、どのような感じなのでしょうか。

アキュラホームの平屋のラインナップなど、知ってほしいポイントなどを詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アキュラホーム 平屋の家の特徴は?

アキュラホーム2

出典:アキュラホーム|平屋の家

アキュラホームの平屋の家は、必要な物が手の届く範囲にある快適空間を提案した平屋です。

太陽光発電や高気密高断熱住宅など、最新の技術をふんだんに取り入れた住みやすいマイホームとしました。

間取りからインテリア、外構計画まで全て注文住宅なので、お客様のニーズに似合った平屋とすることができます。

アキュラホームの平屋の評判は?

top_hdg_01

出典:アキュラホームの永代家守り

アキュラホームの平屋には、どのような評判が挙がっているのでしょうか。アキュラホームの平屋の口コミを、ご紹介いたします。

私達の話に誠実に耳を傾けてくれるハウスメーカー

第二の人生の平屋には自分の思いをふんだんに詰め込みたく、どのハウスメーカーが良いのか色々相談しました。

中でも1番私達の話に誠実に耳を傾けてくれたのが、アキュラホームです。動きやすい動線と広い庭が希望で、まさに私達の思いにピッタリの家となりました。

退職後は、ガーデニングや家庭菜園など、色々楽しみたいです。

和と洋をミックスした理想の我が家に

今度は和風感を生かした家にしたいと思っていたのですが、どんな風に和風感を生かした家にすればいいのか見当がつかなく、困っていました。

アキュラホームに相談したところ、適度に洋を取り入れた和風の使い勝手の良い家となり、想像していた使い勝手の良い家になりました。

平屋はありふれた雰囲気になりがちなのが気になっていたのですが、みごとにシンプルモダンな素晴らしい家に大満足です。

予算内でプランを考えてくれたので、予算オーバーにならなかった部分も満足した部分です。

理想の二世帯住宅に

我が家は二世帯住宅を考えていたのですが、あえて2階建てではなく平屋を考えていました。

2世帯が気を使わない間取りにして、共通部分を多くしてみんなで楽しく過ごせる家にしたかったのですが、見事にそれが実現しました。

バリアフリーや収納の多さを配慮してもらい、とても住みやすい家になりました。小屋裏収納も作り、最大限に平屋を利用した理想の家になりました。

使いやすさが詰まった家

今度建てる家は使いやすい理想の家にしたく、色んなハウスメーカーを見てアキュラホームに決めました。

バリアフリーや太陽光発電など、私達が気になっていた要素をふんだんに詰め込んだ家になり、とても満足しています。

家族全員の気配が伝わる家になり、子供や親のことを常に感じながら家事ができるので、とても安心して過ごせることができています。

ロフト付きの機能性たっぷりの家

平屋なのですが、使える部分は最大限に利用した家になりました。

小屋裏部分を有効的に使い、吹き抜けやロフト、小屋裏収納を設けたので、平屋とは思えない開放感ある使い勝手の良い我が家です。

アイランドキッチンは動線がスムーズであり、朝の忙しい時でもぶつからず行き来ができているので、とても助かっています。

LDKと一体の和室がアクセントになっていて、疲れた時は昼寝したりととても重宝しています。

アキュラホームの平屋の間取りを紹介

アキュラホームの平屋の事例を、ご紹介いたします。

1LDK

hiraya_img01_b

1LDKの必要最低限の間取りのお宅であり、必要な物は手の届く範囲にある理想の家です。バリアフリーなので、つまずかずどのお部屋にも移動可能です。

居間と和室には大きな掃き出し窓を設け、たっぷりの採光を取り入れることができる空間としました。寝室の横にトイレを設けたので、トイレへの行き来も快適です。

参考:http://www.aqura.co.jp/sp/product/hiraya/

間取り記載なし(延床面積96.1坪)

saitama_o2_img01_b

大きな屋根が特徴的な外観であり、ホワイトとダークブラウンのアクセントの外壁のオシャレなお住まいです。

広い玄関を入ると正面に大きな窓があり、そこから植栽が見えるセンスの良さです。リビングには大きな窓や内壁にアクセントを設け、豪華な雰囲気を演出しています。

中庭を設け、明るく開放的な間取りとしました。

参考:http://www.aqura.co.jp/sp/uservoice/55/

間取り記載なし(延床面積58.96坪+小屋裏収納6.76坪)

photo85_main-370x280

二世帯住宅の平屋であり、共用部分を作ったコミュニケーションが取れる二世帯住宅としました。

全室バリアフリーであり、どの部屋にもつまずくことなくスムーズに行き来ができる快適さです。

小屋裏収納を設け、平屋のデッドスペースを有効的に使われています。発電量の良い地域ということで太陽光発電を搭載させ、多くの売電収入を得ています。

参考:http://www.aqura.co.jp/usersvoice/prejudice/prejudice_18/detail/file085/

間取り記載なし(延床面積43.08坪)

photo79_main-370x280

定年後の和風建築を建てられたいと思われ、各部屋から広い庭の景色を眺められるような間取りとしました。

内装は優しい色調を取り入れ、どの部屋にいても優しく暖かい雰囲気を感じることができます。

キッチンには豊富な収納を設け、家事がしやすい住まいとしました。開口部が開放的であり、行き来が楽な部分も大きな特徴となっています。

参考:http://www.aqura.co.jp/usersvoice/prejudice/prejudice_18/detail/file079/

間取り記載なし(延床面積39.9坪)

photo11_main-370x280

外観に深い軒と大屋根を付けた、和風感を取り入れた外観のお宅です。

日本の伝統と現代の雰囲気を上手く取り入れ、退職されたご夫婦にピッタリのフォルムです。和室には白木の太い柱を設け、豪華さとスタイリッシュさを演出してくれています。

内壁には珪藻土を採用し、自然素材で快適に暮らせる家となりました。

参考:http://www.aqura.co.jp/usersvoice/prejudice/prejudice_18/detail/file011/

アキュラホームの坪単価の比較!3年分の推移や見積もりと最終支払額との差など調べてみた!
出典:アキュラホーム カンナ社長でおなじみのローコスト住宅メーカー「アキュラホーム」は2017年2月末決算報告で、売上高380億円・引渡棟数1395棟、業界に先駆けてローコスト住宅を提唱してきた中堅ハウスメーカーです。 近年では...
つくるくん
家づくり成功の秘訣は情報収集が肝心!

約7割が10社以上の住宅カタログを請求し比較、検討してるのがその証拠(HOUSING by suumoより)

新築を検討中の方に役立つ、あわせて読みたい記事も公開中!

平屋のカタログを無料おまとめ取り寄せ!

\希望の平屋間取り&リアルな坪単価知りたい方必見/

簡単3分!タウンライフ家づくりはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
注文住宅
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟