あなたオリジナル!注文住宅の見積もりを出せる無料の優良サービス!

s-2

 

注文住宅は理想の家を実現するためにいつの時代も人気ですね。

ただ気になることは自分の希望する間取りや設備などに対し、どれぐらいの費用がかかるのか、という点。

  • ただ1社ごとに見積もり依頼行くのはしんどい…
  • わざわざ出向かなくとも大体の見積もりが欲しい

このような要望に答えるのが、「タウンライフ家づくり」というネット完結型サービスです。

こちらを活用すれば、見積もりはもちろん、希望の間取りプランや非公開を含む土地情報など家づくり計画書が貰えます。

無料で利用できる画期的なサービスで、毎月2000件以上の依頼があるほどの人気ぶりです。家づくり計画書が手に入れば、よりスムーズにレベルの高い情報収集が可能です。

⇒ 希望の条件で見積もりをもらう

希望の条件を伝えるだけ!オリジナルのリアルな見積もりが届く!

1016001

 

タウンライフ家づくりは注文住宅を希望する人に、

  • 概算見積もり書、資金計画
  • 間取りプラン
  • 土地情報

などの価値ある情報を提供するサービスです。※もちろん選択したメーカーカタログももらえます。

簡単にいうと、一括資料請求ができるサイトなのですが、これまでの一括資料請求サイトとは違って、具体的なプランをネット上で提示してくれるのが特長となっています。

これにより、窓口に行かなくても住宅を建てる具体的なイメージがわきますし、いくつかの会社から資料が届きますので、複数社のプランを比較・検討しやすいことが魅力です。

見積り金額を概算で提示してくれるため、

  • 「いくらのローンを組む必要があるのか?」
  • 「返済までに何年掛かるのか?」

など、資金計画について自宅にいながら、ゆっくり家族と相談できるのが、このサービスの大きなメリットだといえます。

希望を元に複数社から見積もりが届く

sam_tanka

 

希望する条件を記載して送信するだけで、プランを企画できる複数の業者から見積り受け取ることができます。

見積りの内容はあくまでその時の概算にはなりますが、正式見積りと同じように、具体的な金額が記載され送られてきます。

1社1社まわる手間が省け、簡単に比較ができる

複数の業者に1件1件足を運んで見積りを貰うのは非常に大変ですので、その労力を大幅に減らすことができるのは大きな利点ではないでしょうか?

また自宅で見積りを確認できるため、具体的な予算を考えたり、不要な要素を削るなどの検討なども可能です。

あと、見積りを貰うことでローンの計画も建てられるのは、今後のマイホーム選びを円滑に進められるメリットの一つだといえます。

あくまで概算だが、建物以外の諸経費の目安にも

基本的には見積り金額は、まだこの段階では概算ということになります。ですので、実際に掛かる費用分を含めた金額を想定しておいた方がいいかもしれません。

ただ、建物価格以外の諸経費についても見積り書に記載されているので、金額の目安になりますし、ありがちな予算オーバーを防ぐこともできます。

⇒ 希望の条件で見積もりをもらう

間取りプランや非公開の土地情報が届く!

e581f7b3c8cec4379a46967ee9c3cb35_s

 

タウンライフ家づくりに登録すれば、見積り以外にも、間取りプランの提示や、非公開の土地に関する情報を、希望した人に資料として送られてきます。

それぞれどんなサービス内容なのか?詳しく説明します。

プロが作成する間取りプランが無料←有料級

sam_tegaki

 

間取りプランとは、不動産屋さんに相談に行ったときに見せてもらえる平面図のことです。

これを、サイト利用者の希望に合わせた内容で、各登録業者(住宅メーカー)がプランニングを行い図面化してくれる仕組みです。

間取りの平面図は、無料の図面作成ソフトを使えば自分で作ることが出来るのですが、素人が作った図面だと動線に問題が生じてしまう恐れがあります。

タウンライフ家づくりの場合は、プロが間取りを作成し資料化するため、より現実的な間取りプランやアイデアが手に入ることが大きな利点です。

また作成してもらった間取りや外観設計に応じた見積り金額を教えてもらえますので、予算を考えやすいというのも大きなメリットではないでしょうか。

タウンライフ家づくりに登録しているハウスメーカーや工務店は、全国600社以上もありますので、希望するプランを提示してくれるメーカーに出会える可能性は非常に高いでしょう。

非公開の土地情報を入手できる

見積りや間取り図の提供以外に、土地に関する情報を教えてくれるのもこのサービスの特長です。

周辺環境を分析して立地条件の良い土地の情報を紹介してくれます。中には、まだ市場に出回っていない非公開の土地情報を教えてくれることもあります。

これは、土地探しから始めなければならない人にとっては、なかなか助かるサービスではないでしょうか。

土地探しというのは、自分でやると、意外にトラブルに巻き込まれる原因になったりもします。例えば次のようなケースも考えられるので、注意が必要です。

⇒ 無料で家づくり計画書を作成してもらう

一番の魅力はネット完結で情報入手、また比較できること

family-1599826_640

 

タウンライフ家づくりが他の一括資料請求サイトと違う点は、ネット完結で注文住宅探しに必要な情報のほとんどが入手できるという点です。

  • 複数社から見積もりがとれる
  • プロの間取りプランが手に入る
  • 周辺環境分析済、非公開含む土地情報が手に入る

というもはや有料級の情報が無料で家づくり計画書としてもらえます。

より踏み込んだ内容で複数社の比較ができる

メーカーカタログだけで比べるよりも、より濃い情報で複数社の比較・検討ができるため、その後の家づくりの進行もスムーズにいきます。

また様々なメーカーや工務店などから情報が寄せられるため、プランや費用などの相場観も鍛えられ、見極める目を養うこともできます。

本来なら、足を使ってメーカー一社一社と相談しながら集めなければならない情報を、自宅に居ながらまとめて調べることができるのは、大きなメリットですね。

⇒ 無料で家づくり計画書を作成してもらう

申し込み前に注意すべきこと(よくある質問など)

疑問 (7)

 

タウンライフ家づくりに申し込みする前に、注意すべきことを知っておくといいですね。

ここではよくある質問から考慮した注意点を挙げています。どうぞ参考にしてください。

まずよくある質問として

  • ホントに無料なのか
  • 契約は義務なのか
  • しつこい営業電話がくるのか
  • 悪質業者が混じってるのでは?

などが言われています。これらを踏まえつつ申し込み時の注意点を解説していきますね。

ホントに無料なの?

タウンライフ家づくりの利用に一切費用はかかりません。安心して計画書の作成を依頼することができます。

契約は義務なの?

複数社から資料が送られてきますが、契約の義務は一切ありません。実際に資料が送られてきた会社とは別の会社と契約している方も多くいます。

営業電話はかかってくる?

電話がかかってくる可能性はあります。業者側も仕事なので当然です。ただし必要なければはっきりと「必要ない」と告げればしつこい営業はありません。

電話が苦手な方は申し込み時に

仕事で帰りは夜遅いので、メールでのやり取りを希望

など一言入れておけば電話がかかってくることを防げます。

またタウンライフ家づくりを利用する際、いつも使用しているメインのメールアドレスを使うより、この機会に家づくり用のフリーアドレスを作成し使うことをおすすめします。

悪質業者がいるのでは?

タウンライフ家づくりに登録する業者は、登録時に国家基準の資格を有する業者であることを証明しないとダメなため、信頼や実績の不十分なハウスメーカーや工務店などは含まれていません。

申し込み前に要望をまとめておくとスムーズ

1016002

↑実際の入力フォームです。

業者からは具体的なプランが提示されますので、望んでいる住宅プランを伝えることが肝心となります。

例えば

  • 「二階建てよりも平屋を希望する」
  • 「共働きで子育てを意識した家事導線のある間取りにしたい」
  • 「屋上に家庭菜園ができるスペースが欲しい」
  • 「各部屋に収納が欲しい」

などなど、家族で話し合いある程度希望の内容を箇条書きでメモしておいて、入力時にはそちらをコピペする形がスムーズです。

何社からアクションがあるのかはわからない

希望する条件によっては、業者からプランが送られてこないことがあります。そういう場合は、希望条件を少し見直してみて、再度資料請求をしてみてください。

タウンライフ家づくりにはたくさんの業者が登録していますので、そういうことは稀なのですが、もし返事が無い場合はプラン内容に少々無理な可能性があるということです。

少し要望の幅を広げてみて、依頼してみると良いでしょう。

 

よくある質問や申込時の注意点を挙げてみましたが、タウンライフ家づくりを利用する際に大きなデメリットはなく、無料なだけに利用しない手はないです。

まとめ:予算オーバーしない余裕のある家づくりを進めよう!

AdobeStock_59741706

 

注文住宅を建てる時によくあるのが途中で予算オーバーになってしまうことです。

当初予定していたプランから色々なオプションをつけたり、間取りを変更したいと「あれも欲しい、これも欲しい」ということになりやすいですので、注意が必要です。

予算はある程度上限をこちら側が決めておき、その中でどのようなプランが来るのかを、タウンライフ家づくりを利用し把握しておくのがおすすめです。

⇒ 希望の条件で見積もりをもらう