クリナップ ユアシスの口コミ、評判とリフォーム事例のまとめ!

img_style_1_main

出典:クリナップ|ユアシス

クリナップのユアシスは、クリナップのスタンダードモデルのユニットバスです。数多くのユニットバス機能が満載であり、使いやすさと快適さを発揮してくれます。

お風呂を快適に使える配慮と使いやすくする配慮を兼ね揃えており、使いやすく過ごしやすいお風呂空間になりますよ。そんなクリナップのユアシスの魅力など、詳しくご紹介します。

【必読】風呂リフォームは工事がカギ?費用の相場と安く抑える方法
お風呂のリフォームを考え始めたとき、色んなメーカーのユニットバスや費用の相場、予算を考えますが、それと同じぐらい考えないといけないことが工事と業者選びです。 ・工事内容、費用に注意 ・風呂リフォームの費用相場 ・安く抑える方法...
リフォームのよくある失敗をしないために知っておきたい3つのこと
家というのは建てたときから劣化が始まります。大切な住まいを長持ちさせるコツは定期的なメンテナンスを行うことです。 経年劣化で傷んだ部分だけでなく、そこに住む家族の年齢や住まい方に合わせてさまざまなリフォームを行うことでしょう。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリナップ ユアシスはココがおすすめ!

クリナップの ユアシスには、以下の3つのおすすめポイントがあります。

「まるごと保温」で暖かい浴室

img_warm_main01

出典:クリナップ|ユアシス

ユアシスは、壁や床、天井を保温材で覆い、すっぽり丸ごと保温効果を発揮出来るユニットバスです。断熱材は2.5cmの厚みで、とてもぶ厚い保温材です。

大変高い保温効果を発揮し、入浴してから30分~1時間経っても浴室内の暖かさが逃げない凄さです。寒い冬でも、ユアシスなら暖かい空間で快適に入ることができますよ。

また、浴槽には「高断熱浴槽」を採用しており、浴槽を保温材ですっぽり覆っています。さらに、浴槽の蓋にも断熱効果を施しており、蓋からも温かさが逃げにくい構造となっております。

JISで認定されている、4時間たっても湯温が2.5℃以内しか下がらない高い保温性を発揮します。40℃でお湯を張ると、4時間たっても37.5℃までにしか下がらないという計算となります。省エネ効果が大変高く、光熱費の節約とすることができますよ。

滑りにくい「足ピタフロア」

img_main_ansin01

出典:クリナップ|ユアシス

洗い場の床には、細かい凹凸を付けて滑りにくい素材を採用した「足ピタフロア」を採用しました。

細かく緩やかな凹凸を付けた床であり、水はけも良く水がすぐに綺麗に流れていきます。翌朝には水滴が1つも残っておらず、カビが生える心配もありません。

また、浴槽の中にも足ピタフロアを採用しており、浴槽内も滑らず快適に使うことができますよ。年齢を増した人や足腰の良くないご家族でも、気にせず入ることができます。

収納が楽しく快適な「スライルシェルフ」

img_enjoy01

出典:クリナップ|ユアシス

壁の収納にはスタイルシェルフを採用し、浴室内で使うアイテムをスッキリ収納できるようにしました。

家族が使うボトルが全てスッキリ納まり、子供のおもちゃも綺麗に収納ができます。シェルフは取り外し可能なので、おそうじも楽ちんです。3食のカラーから選ぶことができるので、好みの雰囲気にすることができますよ。

クリナップ ユアシスの口コミ、評判は?

img_style_4_main

出典:クリナップ|ユアシス

クリナップの ユアシスを使った人は、どのような感想を持っているのでしょうか?クリナップのユアシスの口コミを、ご紹介します。

とても使いやすいお風呂

家族各々が使いやすいユニットバスにしたく、沢山のユニットバスを見てきてユアシスに決めました。

ユアシスはオシャレで使い勝手の良い収納が魅力的であり、我が家のお風呂アイテムを全て収納できる部分が助かっています。

また、見た目もオシャレであり、娘も気に入っています。以前のユニットバスは収納が少なく白い壁のみでしたので、雲泥の差です。暖かく滑りにくく、今までのユニットバスの不快さを全て改善出来た、理想のユニットバスです。

細かい部部分まで調べてユアシスに決めました

我が家はキッチンも洗面化粧台もクリナップで、クリナップ製品がお気に入りです。ユニットバスはどうなのだろうと半信半疑だったのですが、調べれば調べるほど素晴らしい機能の多さに、決めました。

ユアシスは手頃な価格なのに、欲しかった機能が詰まっています。お手入れのしやすさが抜群で、滑りにくく快適に入ることができるということで、歳を取っても快適に入ることができそうです。

子供にもありがたいユニットバス

我が家は子供が3人いて、お風呂では必ずおもちゃを使って遊びます。ユアシスはそんな子供のおもちゃの収納部分も多く、我が家にはピッタリのユニットバスです。

半身浴の浴槽を採用したのですが、小さな子供も無理なく入ることができるようになりました。子供が小さいお宅には、ユアシスはとても快適ですよ。

【必読】風呂リフォームは工事がカギ?費用の相場と安く抑える方法
お風呂のリフォームを考え始めたとき、色んなメーカーのユニットバスや費用の相場、予算を考えますが、それと同じぐらい考えないといけないことが工事と業者選びです。 ・工事内容、費用に注意 ・風呂リフォームの費用相場 ・安く抑える方法...
リフォームのよくある失敗をしないために知っておきたい3つのこと
家というのは建てたときから劣化が始まります。大切な住まいを長持ちさせるコツは定期的なメンテナンスを行うことです。 経年劣化で傷んだ部分だけでなく、そこに住む家族の年齢や住まい方に合わせてさまざまなリフォームを行うことでしょう。...

見た目よりも機能的な浴室に

ユアシスはお手頃な価格なのに、見た目ではわからないほどの機能性抜群のユニットバスです。清潔にしやすい機能や見た目の差も抜群なのですが、1番は保温効果の高さです。

ユニットバスは保温効果が高いものが多いですが、ユアシスは本当に温度が下がりません。うちの旦那は熱いお湯が好きなのですが、何度も沸かし直すことがなく入ることができます。他にも迷ったユニットバスはありましたが、ユアシスを選んで良かったです。

もう少しお値段が安ければ…

デザイン性とお掃除のしやすさを重点的に考えて、クリナップのユアシスがいいなと思いました。便利なのですが、ちょっと高いなと思います。ちょっと予算オーバーしてしまい、もう少し安ければ大満足でした。

クリナップ ユアシスのリフォーム事例

クリナップのユアシスのリフォーム事例を、ご紹介します。

戸建て 費用82万円

show_image_jireiPart (9)

以前はタイル張りの在来工法のお風呂で、寒いのが嫌でユニットバスに変えたいと思ったそうです。寒さに対応できるよう、クリナップのユアシスを採用されました。

タイルのお風呂はお掃除しやすく大変だったそうですが、ユアシスに変えてお掃除がしやすくなり、物の整理も出来るようになったそうです。

参考:https://www.homepro.jp/jirei/B122502.html

マンション 費用66万円

show_image_jireiPart (10)

既存のお風呂は寒くて使いにくかったということで、温かい浴室にしたいということでユアシスを採用されたそうです。

ユアシスは浴室を丸ごと保温材で覆っているので、省エネ効果を発揮し使いやすい浴室とすることができたそうです。

参考:https://www.homepro.jp/jirei/B74523.html

戸建て 費用64万円

show_image_jireiPart (11)

以前は寒かった在来工法の浴室であり、心地よい浴室にしたくユアシスを選ばれました。35年の古いお宅ですが、見違えるほどの仕上がりの浴室となりました。明るく快適な浴室空間に変身し、まるで新築の用に生まれ変わりました。

参考:https://www.homepro.jp/jirei/B65313.html

戸建て 費用150万円

show_image_jireiPart (12)

以前はタイルの在来工法の浴室で、おそうじがしにくく冬寒いのを解消したくリフォームをすることになりました。

ユアシスはお掃除しやすい鏡面パネルであり、保温効果で温かいお風呂とすることができました。白を基調とした明るい浴室空間となり、新築のような空間に変身しました。

参考:https://www.homepro.jp/jirei/B111806.html

戸建て 費用150万円

show_image_jireiPart (13)

結婚を機に2世帯住宅にリフォームすることになり、クリナップのホームページや口コミを見て、クリナップのユアシスに決められたそうです。

浴室全体が保温材で包まれているので、冬も暖かい空間とすることができます。白を基調とした、明るい浴室に変身しました。

参考:https://www.homepro.jp/jirei/B61264.html

【必読】風呂リフォームは工事がカギ?費用の相場と安く抑える方法
お風呂のリフォームを考え始めたとき、色んなメーカーのユニットバスや費用の相場、予算を考えますが、それと同じぐらい考えないといけないことが工事と業者選びです。 ・工事内容、費用に注意 ・風呂リフォームの費用相場 ・安く抑える方法...
リフォームのよくある失敗をしないために知っておきたい3つのこと
家というのは建てたときから劣化が始まります。大切な住まいを長持ちさせるコツは定期的なメンテナンスを行うことです。 経年劣化で傷んだ部分だけでなく、そこに住む家族の年齢や住まい方に合わせてさまざまなリフォームを行うことでしょう。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ユニットバス
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました