パナソニック アラウーノVの口コミ、評判とリフォーム事例のまとめ!

ast1

出典:パナソニック|アラウーノV

パナソニック アラウーノVは、隙間が少なくスッキリとしたフォルムのタンクレス便器です。タンクレストイレなのにお得なお値段ということで、話題に挙がっておりとても人気があります。

様々な機能をギッシリ詰め込んだ、使う人のことを考えた洋風便器です。そんなパナソニック アラウーノVの魅力など、詳しくご紹介します。

【激安広告に注意】トイレリフォームは業者選びがカギ!費用の相場や助成金、補助金の話
近年、トイレの性能は目まぐるしく進化をしており、とにかく手入れが楽なものの需要が伸びていますね。 しかし、最新型のトイレが●●円から~!、地域最安値!など、魅力的なチラシや広告などに惹かれ、安易にリフォーム業者を決めることは控...
リフォームのよくある失敗をしないために知っておきたい3つのこと
家というのは建てたときから劣化が始まります。大切な住まいを長持ちさせるコツは定期的なメンテナンスを行うことです。 経年劣化で傷んだ部分だけでなく、そこに住む家族の年齢や住まい方に合わせてさまざまなリフォームを行うことでしょう。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パナソニック アラウーノVはココがおすすめ!

パナソニック アラウーノVには、以下の3つのおすすめポイントがあります。

低水圧に対応したタンクレストイレ

suiatu

出典:パナソニック|アラウーノV

タンクレストイレというのは水道直結で繋げないといけないので、低い水圧に対応していない場所には設置できないデメリットがあります。

2階建ての2階やマンションの高層階は水圧が低くなってしまうので、タンクレストイレを付けることができません。

パナソニックのアラウーノVは低水圧に対応したタンクレストイレなので、水圧が低い場所にも設置ができます。

必要最低水圧0.05Mpaあれば取り付けが可能なので、取り付けできる場所の選択肢が広がりますよ。

節水性にとても優れたタンクレストイレ

suiryuu

出典:パナソニック|アラウーノV

パナソニックのアラウーノVは、節水性に大変富んでいるのも大きな魅力です。大洗浄は4.6リットル、小洗浄は3.0リットルでOKであり、少ない水の量で効果的なガスことができます。

小洗浄の3.0リットルというのは、トイレットペーパーを流さない場合は実現できる便器も多くあります。

しかし、パナソニックのアラウーノVはトイレットペーパーを流しても3.0リットルで済ませることができる、大変優れた洋風便器です。節水能力の高さは、パナソニックのアラウーノVの大きな魅力です。

水アカをはじいて汚れが付にくい「有機ガラス系新素材」

sugopika

出典:パナソニック|アラウーノV

パナソニックのアラウーノVは、文字通り洗いながら排水をしてくれる優れものの洋風便器です。洗いながら綺麗にする様々な機能が付いているのですが、中でも1番のオススメポイントは便器の素材です。

便器は有機ガラス系新素材を施し、水アカや汚れが付きにくい素材としました。一般的な陶器とは違い、水アカを水滴事しっかりはじいて付着させません。

汚れが溜まりにくい便器とすることができるので、いつも便器はピッカピカです。また、有機ガラス系素材は、割れやヒビ、キズにも強いのも大きな特徴です。細かい傷が付きにくい素材なので、ブラシでゴシゴシこすっても全く問題ありません。

パナソニック アラウーノVの口コミ、評判は?

auc2

出典:パナソニック|アラウーノV

パナソニック アラウーノVを使った人は、どのような感想を持っているのでしょうか?パナソニック アラウーノVの口コミを、ご紹介します。

見た目も機能も抜群

色んなメーカーの便器を見てきたのですが、パナソニックの便器の形が1番好みでした。フォルムがカッコよく、我が家のトイレが見違えるような雰囲気となりました。

白を選んだのですが、汚れにくい素材や仕様で本当に汚れにくいのです。便器は頻繁におそうじできないので、素材や仕組みが汚れにくい便器というのはとても助かります。常にクリーンな便器を使えていることが実感できて、トイレに居ることが楽しくなる程です。

節水効果が抜群

パナソニックのアラウーノVを選んだのは、節水効果が抜群という部分です。我が家は家族が多いので、便器で流す水の量もとても多いです。

毎月の水道代も多くやむを得ないと思っていたのですが、パナソニックのアラウーノVにしたことで水道代金が安くなりました。

それ程変化はないと思っていたのですが、ここまで差が出るなんてビックリです。早く便器を変えれば良かったと、後悔しているほどです。

高所の場所でも取り付けることができる

うちは山に近い場所に建っており、低い水圧の便器は対応できないものがほとんどです。タンクレストイレを採用したかったのですが、対応できない便器ばかりで無理なのかと思っていました。

工務店さんに相談してみたところ、パナソニックのアラウーノVなら低い水圧にも対応しているというので、採用しました。

しかも山の中で寒い地域なのですが、節約できる暖房便座に助かっています。山の中の家とは思えないほどの快適なトイレになって、助かっています。

【激安広告に注意】トイレリフォームは業者選びがカギ!費用の相場や助成金、補助金の話
近年、トイレの性能は目まぐるしく進化をしており、とにかく手入れが楽なものの需要が伸びていますね。 しかし、最新型のトイレが●●円から~!、地域最安値!など、魅力的なチラシや広告などに惹かれ、安易にリフォーム業者を決めることは控...
リフォームのよくある失敗をしないために知っておきたい3つのこと
家というのは建てたときから劣化が始まります。大切な住まいを長持ちさせるコツは定期的なメンテナンスを行うことです。 経年劣化で傷んだ部分だけでなく、そこに住む家族の年齢や住まい方に合わせてさまざまなリフォームを行うことでしょう。...

お手入れが簡単な便器

パナソニックのアラウーノVは、泡で洗う機能的な便器ということで前から気になっていました。調べると、他社よりも安い金額設定ということで、即採用しました。流すときに綺麗に洗い流してくれるので、本当に汚れが付きにくいです。

お手入れは2週間に1度なのですが、それでもキレイをキープできています。スキマレス設計なので、便器に余計な隙間が無い部分もお気に入りです。

思いのほか飛び散る

泡があるので飛び散らないということですが、自分の使い方が乱暴なのか飛び散ります。飛び散らない部分も押している便器なので、そこを押すならもうちょっと飛び散りにくい便器にしてほしかったです。

パナソニック アラウーノVのリフォーム事例

パナソニック アラウーノVのリフォーム事例を、ご紹介します。

戸建て 費用28万円

パナソニックのアラウーノVは、便器の奥行きがコンパクトなので、狭いトイレにぴったりはまります。

こちらのお宅は畳1枚分の狭いトイレですが、パナソニックのアラウーノVにしたことで、窮屈ではないスッキリしたトイレとなりました。便器の前方のスペースが広がったので、使い勝手のよいトイレになりました。

参考:https://www.homepro.jp/jirei/B92622.html

戸建て 費用18万円

show_image_jireiPart

節水タイプの便器にリフォームしたいということで、各メーカーの節水トイレを提案してもらい、パナソニックのアラウーノVにされたそうです。

狭いトイレですが、パナソニックのアラウーノVは奥行きも短く幅も狭いので、スッキリとした余裕がある空間へと変身しました。

参考:https://www.homepro.jp/jirei/B110752.html

戸建て 費用20万円

show_image_jireiPart (1)

奥様がパナソニックのアラウーノVご希望ということで、パナソニックのアラウーノVへリフォームをしました。人感センサーなどの充実した機能が付いており、大変快適に使われているようです。

参考:https://www.homepro.jp/jirei/B117272.html

戸建て 費用25万円

image2

以前は、背面タンクのある昔の洋式便器を使っていました。トイレが狭く窮屈な感じだったのですが、パナソニックのアラウーノVを取り付けたことによってトイレの空間が広がりました。

参考:https://www.satoh-net.jp/business/reform/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E4%BA%8B%E4%BE%8B/

マンション 費用25万円

便器にパナソニックのイメージが無かったようですが、機能的な部分に惹かれて決定されたそうです。

綺麗でスリムであり、おそうじのしやすさも抜群だそうです。便器の位置を最大限後ろに下げることができるので、実用的な広さが生まれました。

参考:https://www.homepro.jp/jirei/B68627.html

【激安広告に注意】トイレリフォームは業者選びがカギ!費用の相場や助成金、補助金の話
近年、トイレの性能は目まぐるしく進化をしており、とにかく手入れが楽なものの需要が伸びていますね。 しかし、最新型のトイレが●●円から~!、地域最安値!など、魅力的なチラシや広告などに惹かれ、安易にリフォーム業者を決めることは控...
リフォームのよくある失敗をしないために知っておきたい3つのこと
家というのは建てたときから劣化が始まります。大切な住まいを長持ちさせるコツは定期的なメンテナンスを行うことです。 経年劣化で傷んだ部分だけでなく、そこに住む家族の年齢や住まい方に合わせてさまざまなリフォームを行うことでしょう。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トイレ
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました