ガス給湯器の交換はどこが安い?家電量販店やホムセン、専門業者など比較してみた!

kyutoki_kokan

 

ガス給湯器の寿命がきた、故障した、、修理代が高くつくぐらいなら交換しよう!

と思ったものの、ガス給湯器の交換が必要となった場合、どこに依頼したらよいのかわからないですよね。

そこで今回は、ガス給湯器の交換する家電量販店、ホームセンター、専門業者など、最もガス給湯器が安い販売店について徹底リサーチしてみました。

各販売店の相場価格はもちろんのこと、最も安い販売店はどこなのか?詳しくご紹介してきます。

これからガス給湯器の交換を検討している方は、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに…メーカーへ依頼はありえない!

kyutoki_maker_no

 

ガス給湯器の交換を検討する際、メーカーは真っ先にリストから外すべきです!

その理由についてお伝えする前に、まずはガス給湯器の交換はどこに依頼するものなのか触れておきます。

カンタンにまとめると、以下の3か所です。

  • 給湯器のメーカー
  • ガス会社
  • 給湯器の販売業者

それぞれの特徴ですが、まず給湯器のメーカーは、リンナイ、パロマなどの事ですね。実際に給湯器を製造している企業のことを指します。

一方、ガス会社は、ガスを提供している企業です。東京ガスなど、各地域にありますよね。

最後の給湯器の販売業者ですが、複数の給湯器を取り扱っていて、取り付け工事、修理、交換などを依頼できる会社のことです(ここでいう家電量販店やホームセンター、専門業者のこと)。

 

kyutoki_maker_takai

 

話は戻りますが、なぜ給湯器のメーカーにガス給湯器の交換を依頼しない方がいいのかというと、メーカーは給湯器の製造がメインだからです。交換などの工事は、委託しているケースが目立ちます。

また工事業者は給湯器メーカーが指定してくることがほとんどです。割引率も低いですし、お得感はゼロだといえます。

それだけでなく、他社メーカーの商品と比較しながら検討したい場合、各メーカーに見積もりを取るなど、大変な手間がかかるのです。

例えば、ガス給湯器の販売会社であれば、上記のような手間は掛かりません。

複数のメーカーを取り揃えていますし、まとめて仕入れをすることで、割引率が50%を超えることもあります。

以上のことから、給湯器のメーカーに交換を依頼しても、メリットは一つもないのです。だからこそ、ガス給湯器の交換をメーカーへ依頼するのはおすすめできません。

家電量販店のガス給湯器の相場

kyutoki_kadenryohanten

 

最近は、家電量販店でもガス給湯器の販売、交換などを行っています。この項では、大手家電量販のガス給湯器の相場についてみていきましょう。

会社通常タイプ省エネタイプ
 ヤマダ電機 134,800~244,800円 284,000~479,800円
 エディオン 114,800~228,000円 228,000~248,000円
 ケーズデンキ 115,000~330,000円 140,000~335,000円

 

家電量販店で給湯器を購入したり、交換を依頼するメリット・デメリットについてまとめてみました!

まずメリットは以下のとおりです。

・大量に仕入れをしているため安い
・定期的にキャンペーンを開催しているためお得
・各量販店の独自ポイントが貯まる

一方、デメリットは以下のとおりです。

・工事は下請けの業者が行う
・工事の技術力にばらつきがある
・アフターフォローが充実していないことがある

以上となります。安く購入できるケースが目立ちますが、作業員の技術力、アフターフォローなどは期待できないですね。

ホームセンターのガス給湯器の相場

kyutoki_homecenter

 

この項では、ホームセンターのガス給湯器の相場についてみていきましょう。

会社通常タイプ省エネタイプ
 カインズホーム 72,800~170,000円 114,800~688,000円
 ロイヤルホームセンター 商品代+38,000円 商品代+50,000円
 コーナン – 158,000~168,000円

 

ホームセンターで給湯器を購入したり、交換を依頼するメリット・デメリットについてまとめてみました!

まずメリットは以下のとおりです。

・旧モデルが格安
・定期的にキャンペーンを開催しているためお得
・水廻りのリフォームとセットにするとさらに安くなる

一方、デメリットは以下のとおりです。

・工事は下請けに委託している
・給湯器に関する専門知識が豊富なわけではない
・故障したときすぐに修理できないことがある
・アフターフォローが充実していないことがある

以上となります。家電量販店と同様、ガス給湯器を安く購入できるケースがほとんどです。

しかし修理対応に時間がかかったり、お店の人が給湯器にそれほど詳しくなかったりと、気になる点がいくつかあります。

安さにつられて、安易にガス給湯器の交換を依頼しない方がいいですね。

ガス会社(東京ガスなど)の給湯器の相場

tokyogas

出典:東京ガス

ガス会社の給湯器の相場ですが、参考までにまずはこちらの口コミをご覧ください。

 

東京ガスの屋外取付の場合の見積が16号追い焚きリモコン付で48万
ガス設備工事施工例から面倒なコトに対応してくれそうな業者なんとか探し見積依頼
配管洗浄機能付き(配管類が長くなるので)オートかフルオート20~24号エコジョーズ希望ですが
ガス工事は東京ガスに別途払うので50万越えでしょうね…
引用:価格.com

 

買い替えになり来週詳しく説明しに来てくれるのですが、前回の簡単な説明ですと、現在リース契約が非常に多くて8割程とのこと。断然リースをお勧めしますと言われ、我が家の場合10年リース 月々4400円程。
帰宅後よくよく考えたら給湯器に55万弱支払うなんて買取にした方がお得だし、修理も10年未満では1回あるかないかレベルですよね。
引用:ヤフー知恵袋

 

上記の口コミからもわかるとおり、ガス会社に給湯器の交換を依頼すると、とにかく高くつきます。

おおよそ10~20万円ほど高くなると考えておいた方がいいですね。

 

gaskaisya_why

 

なぜガス会社によるガス給湯器の交換が高いのかというと、これには主に3つの理由があります。

1つは、ほぼ割引しないからです。そもそも、ガス会社はガスの販売がメインです。

給湯器の販売に力は入れていません。ですから、割引してまで販売しようとは考えていないのです。

続いて2つ目ですが、ガス会社には「○○ガス」という社名(ブランド)があります。

つまり、積極的に給湯器を販売しなくても、ブランド力だけで購入してもらうことができるのです。

となれば、わざわざ割引してまで販売する必要はないですよね。そのため、割高となるケースが多いのです。

最後の3つ目の理由ですが、先に触れたとおり、ガス会社は給湯器の販売に力を入れていません。

ですから、給湯器を仕入れるときも、少量だけ仕入れることがほとんどです。仕入れる量が少ないと、仕入れ値の割引率は低くなるため、高値で仕入れることになります。

そのためガス会社から給湯器を購入すると、ほぼ原価に近い価格で購入することになってしまうのです。当然のことながら、高くついてしまいますよね。

以上のことから、ガス会社の給湯器交換費用は非常に高いため、わざわざ利用する必要はないといえます。

ネット専門業者のガス給湯器の相場

kyutoki_senmongyosha

 

近年はガス給湯器をネットで販売する専門業者が増えています。相場価格は以下のとおりです。

会社通常タイプ省エネタイプ
 キンライサー 56,780~128,000円 175,550~232,000円
 湯ドクター 67,421~173,360円 180,000~250,000円
 住設.com 97,083円~ 118,967円~

 

ネット専門の業者からガス給湯器を購入したり、交換を依頼するメリット・デメリットについてまとめてみました!

まずメリットは以下のとおりです。

・割引率が業界ダントツで高い
・24時間365日見積もりを依頼できる
・他のメーカーの給湯器と比較しやすい
・相見積もりを取ることができる
・アフターサポートや保証が充実しているケースが多い

一方、デメリットは以下のとおりです。

・対応地域が限定されていることがある
・中には悪徳業者も含まれている
・各業者によって実績が異なるためしっかり選ぶ必要がある
・見積もりを依頼した後、しつこく営業されることがある

以上となります。

ネットの専門業者の場合、中間マージンや人件費を大幅に削減することができるため、高い割引率を設定しているケースが目立ちます。

また、複数の業者に相見積もりを取りやすいことから、納得のいく価格でガス給湯器の交換を依頼できるというメリットもあるのです。

その他、ネット上で評判・実績が公開されているケースが多いということもあるため、総合的に見てネット専門業者でガス給湯器の交換が最もおすすめだといえます。

給湯器の交換は専門業者が安い!

今回はガス給湯器の交換はどこが安いのか?について、詳しくお伝えしました。

安さをもっとも重視するなら、ガス給湯器の交換は断然ネット専門業者がおすすめです。

もちろん作業員の技術力、アフタフォローの充実度などもチェックする必要はありますが、最初からネット専門業者に絞って依頼先を決めた方が無駄がないですね。

本記事でご紹介した内容を参考にしながら、まずは気になる業者の公式サイトをチェックしてみては?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
給湯器
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました