カーポートに太陽光発電を設置するメリット・デメリット

solar-panel-918492_640 (1)

 

最近は初期費用もかなり下がってきている太陽光発電システム。そんな太陽光発電がカーポートに搭載されている自宅も増えてきています。

某ハウスメーカーでもカーポートに太陽光発電を搭載した住宅を積極的に販売しているところも有ります。

太陽光発電は太陽の光が当たりやすい住宅の屋根に搭載されていることが一般的ですが、カーポートの屋根に搭載するとどんなメリットが有るのか、また設置をする為の条件は有るのか、その他注意点等を紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カーポートに太陽光発電を設置するメリット・デメリット

4203868970_bafbe92078_z (1)

 

カーポートに太陽光発電設置を考えている人というのはどういう人なの?

・既に太陽光発電を自宅の屋根に設置して十分なメリットが有ると感じている人。
・日照の条件が良く太陽光発電を搭載すればメリットが生まれるかもしれない。
・屋根に搭載するより範囲が狭いので初期費用が抑えられるかもしれない。

おそらくこういった意見が多いと考えています。

そんな方にカーポートに太陽光発電を設置した場合のメリットとデメリットを
紹介していきましょう。

メリット

①売電収入が上がる。
②低い位置に設置するのでメンテナンスが容易に。
③住宅の屋根に比べて設置工事が容易。
④電気自動車充電スタンドを設置すれば太陽光と連携して充電可能。

以上4つのメリットを挙げてみました。次に挙げたメリットの詳細をみていき
ましょう。

では①のメリットですが、

太陽光発電自体メリットはたくさん有るので設置箇所を増やすことでまたメリットが生まれるでしょう。

カーポートに設置すると設置している場所が増えるので初期費用も嵩みますがその分発電してくれる太陽光パネルの売電収入が増えます。

更に10Kw以上になると全量買取も選べるので売電収入が増えます。(ただし10Kw以上になると買取価格の単価も下がるのでどちらが得か吟味しましょう)

全量買取制・・・太陽光発電で発電した全ての電力を売ることが出来るもの。10Kw以上搭載しないと全量買取制にすることは出来ません。

②のメリットですが、住宅の屋根に太陽光発電を搭載した場合、もしも何か不具合があった場合パネルの点検等で屋根に登って作業をするとなると大変ですよね。

カーポートに設置した場合は設置場所が比較的低いのでメンテナンスも容易です。太陽光発電も長年使用していると不具合が出てくる場合が有ります。

発電の効率が落ちたり配線が劣化したり等でメンテナンスが必要です。安くなってきたとはいえ高価な買い物に間違いはないのでメンテナンスも定期的に行いましょう。

③のメリットについて紹介します。

設置工事が容易と記載すると語弊が生まれてしまいますが、基本カーポートの屋根や柱が太陽光設備(パネルや架台)の重さに耐えられる物でないと搭載は出来ません。

自宅に建っているカーポートに搭載する場合はもちろん搭載出来るかどうか検討しなくてはいけません。

ですが工事自体は住宅の屋根よりもカーポートの屋根は簡易になっているので施工が難しくありません。施工ミスという心配が取り除けるでしょう。

④のメリットですが、近年太陽光発電の売電価格は下落しています。

売電収入を少しでも多く得ようと思うと売電価格が下がっているので厳しくなっておりますが、自家消費という形で使用するのにはまだまだメリットが有ります。

電気自動車やハイブリット自動車に乗っている方はEV充電スタンドを設置して太陽光で発電した電気を電気自動車の充電に使用すると燃費という点でメリットが出来て燃料費の節約に繋がります。

この様にカーポートの上に設置する太陽光発電にはメリットが有ります。

自宅の屋根に何か理由が有って搭載出来なかった片や、既に乗せていて十分にメリットを感じている方はおススメです。是非検討してみてはいかがでしょうか。

デメリット

①既存のカーポートに太陽光発電を搭載する場合は設置出来ない場合もある。
②周りの建物や障害物の状況が発電に影響する。
③初期費用がかさむ。

代表的な3点を挙げました。1点ずつ紹介していきましょう。

①のデメリットですが、近隣の状況も良くカーポートへの日照条件も良いので搭載したいと思っても今建っているカーポートの構造が太陽光設備に耐えられる物でないと設置が出来ません。(搭載出来るかどうかの判断はプロに任せましょう。)

近年太陽光パネルはどんどん薄くなってきていて軽量化をはかっています。ですが、架台の重量を加えると10㎏以上にはどうしてもなってしまいます。

せっかく搭載しても太陽光設備の重さでカーポートが倒壊してしまっては元も子もありません。きちんとした手順を踏んで搭載しましょう。

②のデメリットですが、太陽光発電とは近隣の状況にかなり左右されます。

当たり前ですが太陽の光が当たらなければ発電の効率が落ちてしまいます。

特にカーポート上に設置する場合は住宅の屋根よりも低い位置に設置するわけですから近隣の影響を受けやすくなってしまいます。

隣の家のや向かいの家との距離が近いと影になってしまうのでよく状況を確かめてから依頼しましょう。

③のデメリットですが、既存のカーポートに搭載出来れば比較的初期費用は安くなりますが新規で太陽光搭載のカーポートを建てるとなると費用もかさんできます。

純粋にカーポートと太陽光発電の費用が必要になりますから住宅の屋根に搭載するより
割高になります。

 

カーポートに太陽光発電を設置する際の条件や注意点

roof-energy-solar-panel-sustainability-solar-power-solar-energy-708334-pxhere.com (1)

 

太陽光発電の設置条件についてもう少し詳しく紹介していきます。設置する条件は太陽光発電を取り扱う各メーカーによって様々です。

住宅の屋根を例に挙げると

  • 北側方向の屋根は設置をすることが出来ないこと
  • カーポートに搭載する際も決められたスペース以上でないと設置が出来ない

などの可能性が有ります。

また、積雪の多い地域も設置の対象外になるケースが多いので注意が必要です。

設置希望のメーカーの「設置条件」を確認して条件を確認または、現場の調査を依頼しましょう。プロの目でしっかりと見て検討してもらいましょう。

続いて注意点を紹介していきましょう。

太陽光発電を設置する際に十分な検討を行わず設置をする業者がいます。

十分な検討とは構造的に搭載しても大丈夫か、発電のシュミレーションがしっかりと出ているか、メンテナンスが行える施工をしているかどうか等検討箇所はたくさん有ります。

結果を踏まえて設置を希望されている方のメリットを考えているかどうかが重要になってきます。

設置するからにはそれなりのメリットが欲しいですよね。設置をする業者選びが最も重要なポイントの一つです。

業者選びは慎重かつ丁寧に選びましょう。

 

まとめ

太陽光をカーポートに搭載することについて紹介してきました。

どんな物も一長一短ですが、カーポートに太陽光発電を搭載することは一定のメリットを得られるのではないでしょうか。

特に既にメリットを実感されている方はイメージが付きやすいでしょう。ですが、注意点のところでも記載しましたが、業者選定にはくれぐれも気を使いましょう

すごく高く買わされたり雑な施工をされたりするとせっかくメリットが出る商品なのに良く思えない物になってしまいますよね。

なので相見積もりを取ることもおすすめします。比較対象があれば何かおかしな提案があった場合に気付くことが出来るでしょう。

条件やコンプラインスをクリアして太陽光発電のメリットを十分に実感出来る様に正しい知識を身につけましょう。

あわせて読みたい記事

カーポートに太陽光発電を後付けする場合の設置費用の相場は?
年々、太陽光発電の売電価格が減ってきている現状で平成30年度の売電価格は住宅が26円/Kwh(抑制対象地域28円/Kwh)産業用で18円Kwhとなっています。 その一方で、太陽光設備の価格も下がっているので初期費用を考...