レンジフードの交換費用は?工事費の相場はどれぐらい?

844f59623d38bc4e8d34ced15eedbbb3_s

最近のレンジフードは、様々な機能が抜群の使い勝手が良いレンジフードばかりです。そのため、新しいレンジフードの取り替えたいなと思っている人も多いと思います。

そこで気になることといえば、レンジフードの交換費用ではないでしょうか。レンジフードの交換費用や工事費相場など、知っておくと便利な情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レンジフードの交換費用は?

4db0a941f3f0fa91544828db5f88e693_s

レンジフード交換をプロの業者にお願いすると、以下のような内容の費用となります。

本体の費用

レンジフード本体の費用は、形状や機能により様々です。シンプルなレンジフードであれば20,000円からありますが、最新式の豊富な機能のレンジフードであれば、200,000円程になる場合があります。

取付費用

レンジフードの取付費用は、40,000円~80,000円ほどかかります。

総額は6~28万円ぐらいか

これらを計算すると、レンジフードの交換費用の総額は60,000~280,000円ほどかかるということになります。

レンジフード交換の工事費の相場は?

5fb169c67d8374d4743f76cef6d2e928_s

先ほど挙げた費用は、あくまでレンジフードを取り付ける場合のものになります。実際は、既存のものを外すなどの工事費がかかります。

レンジフード交換の工事費用の相場は、レンジフードの種類や形状、取り付ける場所の環境によって異なります

また、リフォーム業者によって費用に差が出ますので、複数社から相見積もりを取って検討されることをオススメします。レンジフードの工事費の相場は、以下のような内容となります。

取り換え手間

既存のレンジフードを取り外し、新規のレンジフードの取付けを行う手間です。レンジフードや既存の状態にもよりますが、20,000~40,000円ほどかかります。

排気接続工事

既存の排気に、新規のレンジフードを取り付ける手間です。約10,000円~かかります。

幕板などの雑費

その他、幕板などの雑費がかかります。状態によりますが、10,000~30,000円ほどかかります。

工事費の総額は4~8万円ほど

これらの費用を合計すると、40,000~80,000円の交換手間費用となります。

また、レンジフードの部分的な交換には、以下のような費用がかかります。

・スイッチ交換:15,000円程度
・モーター交換:20,000円程度
・プロペラファンなどのシンプルなファンの交換:10,000~20,000円ほど
・最新式のプロペラファンの交換:200,000円ほど

このような感じとなるので、部分的な故障や不具合であれば部分的な交換もありといえます。

しかし、レンジフードの場合は経年の油や汚れでギトギトとなっていることもあるので、できることなら全部一式交換することをオススメします。

つくるくん
相見積もりは、工事費や値引き率などの比較に重要な役割があります。

無料かつ匿名OKなので利用しない手はないですね。

適正相場をチェックする!

レンジフードの交換を自分でする際の費用は?

c3f23d2d047d8795856a0463acefcc09_s

レンジフードを自分で交換する際の費用や、業者に依頼する場合の費用の差などを、ご紹介いたします。

レンジフードの交換を自分でする際は、自分で取付を行うので取り付け手間がかかりません。レンジフード本体の費用しかかからないので、シンプルなレンジフードであれば20,000円ほどで済み、最新式の機能にあふれたレンジフードであれば200,000円ほどとなります。

DIY!レンジフードの交換を自分で行う方法!
キッチンのレンジフードは、使い続けることで機能が衰えてくるので、新しいレンジフードに取り替えたいって思ったことありませんか? 業者に頼みにくいなと思い、先延ばしになっている人は少なくないと思います。そんな人にオススメなのが、D...

業者に依頼した場合とはどれくらいの差があるのか

専門業者にレンジフードの取付けをお願いすると、取り付け手間などの費用が40,000~80,000円かかります。

自分でレンジフードを取り替える費用と比べると、取り付け費用分40,000~80,000円の差が発生します。

このようにレンジフードの交換の費用を比較してみると、自分でレンジフードの交換をした方が断然安いですよね。

自分で取り変えるとレンジフード本体のみしか費用がかからないので、お安くお得な感じがすると思います。

しかし、レンジフードを自分で交換することには、とても大きなリスクを伴うことをご存じでしたか。

レンジフードの交換を自分でする注意点

7171867273b37059d53dcf35f08b6a8d_s

レンジフードを自分で交換することにはどのようなリスクを伴うのか、それには以下のような心配が考えられるからです。

レンジフードは意外に重たい

レンジフードというのは、意外に重さがあります。そのような重たいものを天井近くまで持ち上げて取り付けるということは、簡単なことではありません。

うっかり落としてしまい、キッチンを傷つけてしまったり自分自身がケガしてしまうこともあります。

電気配線は本来素人はしてはいけない

レンジフードは配線の接続が必要となりますが、レンジフードを自分で取り変えるとなると配線も自分で行うということになります。

しかし、屋内配線というのは基本的には電気工事士の資格を持っている技術者以外は施工してはいけないと決められています。

自分で配線することで不具合が起きてしまうこともあり、感電などで自分自身がケガをしてしまうこともありますので、大変危険なことといえます。

排気の接続が上手くいかない

レンジフードは調理時の排気を屋外に流すのが仕事であり、排気の接続はとても重要となります。既存のレンジフードで使っていた排気に新規のレンジフードを繋ぐのですが、それは簡単なことではありません。

そのため、接続に不備がある状態で新規のレンジフードを使ってしまい、万度な排気能力とできない場合もあります。

排気の接続というのは本来設備工の資格を持った職人が行うことであり、素人が見よう見真似で行っても完璧なものにはなりにくいです。

DIYに自身がある人以外は業者に依頼すべし

これらの3つのポイントから、自分でレンジフードを取り付けるということは工事費はかかりませんが、リスクや危険性はとても高いといえます。

このようなDIYに慣れているベテランさんならいいですが、素人さんにはレンジフードの取付はオススメできません。

少しで、お不安がある場合は、プロの業者にお願いするようにしましょう。取付費用を支払っても、満足感という安心を得ることができますよ。

つくるくん
相見積もりは、工事費や値引き率などの比較に重要な役割があります。

無料かつ匿名OKなので利用しない手はないですね。

適正相場をチェックする!

ホームセンター・家電量販店のレンジフードの交換費用を比較!
ホームセンターや家電量販店でレンジフードの交換をお願いすることができますが、その費用はおいくらなのでしょうか。 各店で価格が違うので、きちんとチェックしてお願いするようにしましょう。ここでは、コーナンやエディオンなど5社のレン...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キッチンリフォーム
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました