【3万円~】ペアガラスに交換する費用はいくら?必要な工事や期間はどれくらい?

bc096bfd8ee6a27f404a39460241769b_s

建物内の断熱性能をあげるのに外せないのが窓ガラスの問題です。現在は新築をするときペアガラス入りのサッシを導入することが一般的になってきましたが、ひと昔前までは1枚ものの単板ガラスが一般的でした。

ガラスが1枚だということは外気温をダイレクトに部屋内部に取り込んでしまうため、窓際の暑さ寒さや結露問題が悩みのたねでした。

現在はガラスのみをペアガラスに交換したり、サッシ自体をペアガラス入りの断熱サッシに交換したりすることが比較的簡単にできるため、リフォームでの需要も伸びています。

そこで窓リフォームで失敗しないために、単板ガラスをペアガラスに交換する費用や注意点を知っておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペアガラスに交換するリフォーム費用は?

73fec99ed5e475e463e41326428cc0f1_s

ペアガラスというのは2枚のガラスの間に空気層を作りだし、外気温を内部に取り込ませない仕組みのガラスのことを言います。

空気層にはアルゴンガスを注入することで通常の空気層よりも一層断熱性能をあげることができるタイプもあります。

ペアガラスに交換をするリフォームにはアルミサッシの枠の部分、いわゆるサッシの部分は既存のままでガラスだけをペアガラスに交換するリフォームと、サッシごと新しいペアガラス入りのサッシに交換するリフォームがあります。

他にも窓のリフォームには既存のサッシはそのままで部屋内にもう一つサッシを設置する2重窓(内窓)という方法もあります。

ガラスのみ交換する場合

ガラスのみをペアガラスに交換する場合は費用が一番安く済み、小さい窓なら1枚あたり1.5万円程度から交換可能です。

引き違い窓は1か所2枚建になっていることが多いのでその場合だと1.5万円×2で3万円ほどの料金になります。

サッシから交換する場合

サッシごと交換する場合は枠ごと取ってしまうと外壁の補修や部屋内のクロスの補修も嵩むため費用は高くなりますが、最近ではカバー工法といって既存の枠に新たな枠をかぶせてサッシを取り替える工事がリフォームでは一般的です。

この場合だと小さい引き違い窓の場合3~4万円の費用がかかります。取り替え費用は別途必要で2、3万円はかかるでしょう。

2重窓にする場合も新たな窓を設置するわけですから、4万円からの費用がかかります。いずれも窓の性能によって価格は異なりますので、性能が良いペアガラス入りのサッシや内窓を選択した場合はもっと高くなります。

ペアガラスの交換をする際の工事内容は?

f7af431cff761058a69780d09c593904_s

ガラスの交換のみの場合は既存のサッシを使用するためアタッチメントという部材を使い、今の枠にペアガラスをはめ込みます。

サッシごとカバー工法で交換する場合は、既存の枠の上に新しい枠をかぶせ、新しいサッシを嵌めこみます。

2重窓の場合は部屋内の窓枠に新たな枠を固定し内窓を設置します。

ペアガラスの交換工事にかかる期間(日数・時間)は?

スケジュール (2)

ガラスのみの交換の場合は既存のガラスを撤去し、新しいガラスをはめ込むだけですので、早ければ2時間程度で終了するでしょう。

サッシごと新しくする場合は既存の枠の不要な部分を撤去し、新たな枠を取りつけますが、小さい窓であれば1か所半日程度で工事をすることができます。

2重窓も同様で大きい履き出し窓でも1日もあれば工事を完了することができます。

いずれの工事も1か所であれば1日以内に工事を終えることができますので、住みながらのリフォームでは比較的手軽に工事をすることができます。

単板ガラスとペアガラスの違いは?

light-floor-window-home-wall-workspace-3270-pxhere.com (1)

単板ガラスというのは1枚のみのガラスのことを言います。昔の窓はほとんどが単板ガラスです。

一方ペアガラスや複層ガラスというのは呼び方が違うだけで同じもののこと言います。2枚のガラスの中に空気の層を作り、断熱性能をあげるガラスのことを言います。

ペアガラスや複層ガラスにもいくつかの種類があり、2枚のガラスの間に防犯性を高めるための格子が入っていたり、割れにくいガラスのものを使っていたり、ブラインドがはさみこまれているタイプもあります。

それぞれ複層ガラスの特徴や機能性があがればそれにともない費用も高くなります。

ペアガラスの外側の部分にLow-eといわれる金属膜を張ったものをLow-eガラスと呼び、通常のペアガラスよりも断熱性能は高くなります。

ガラスの種類によって遮熱、断熱、防音、防露、UVカット効果などがありますので、窓の方角や位置により機能をよく確認し選択することが大切です。

ペアガラスがもたらす効果は?

46b03236f30ba7c4ab7436233ceb0227_s

ガラスが2枚からなるペアガラスにすると外の気温を1枚目のガラスが取り込んでも、ガラスの間にある空気層が遮断をするため内側のガラスには伝わりにくくなります。

そのため部屋内の断熱性能は格段にあがり、窓際に行くと暑さ寒さなど感じにくくなります。

外気温の影響を受けにくい室内ができると、エアコンなどの効率もよくなり全体的にエコにつながるというわけです。

ペアガラスの注意点、デメリットは?

f553280008450fe87b911a73e15a59c1_s

ペアガラスはいいことばかりのようですが、実は注意する点もあることを知っておきましょう。

サッシ部分の結露は防げない

ガラス自体をペアガラスに交換してもサッシはそのままの場合、ガラス部分の結露は防げてもサッシ部分の結露は防ぐことができません。

サッシ部分がアルミ製はどうしてもそこの部分結露を防ぐことができません、結露に悩まされている場合はサッシ部分が結露のしにくい樹脂製のものを選びましょう。

またストーブやガスヒーターよりもエアコンのほうが、結露がしにくくなるため、暖房器の見直しも必要かもしれません。

レールの破損リスクが高まる

ガラスのみをアタッチメントで交換した場合、今まで1枚ものの単板ガラス部分に2枚のガラスをはめ込むわけですから、窓1枚あたりの重量が増え古いサッシの場合はレールなどが重みで破損する場合があります。

費用のことは大切ですが、あまりにも古いサッシの場合は無理にガラスのみを交換するよりもサッシごと交換する方が良い場合があることを念頭に置いておきましょう。

 

まとめ

断熱性能をあげるためにペアガラスを検討するのはとても有効的な手段です。

費用のことも踏まえガラスのみを交換するのか、サッシごと交換するのか総合的に判断してリフォームをすることが失敗しないコツです。

建物の断熱性能を上げることは政府が推進することでもありますので、タイミングによっては補助金や助成金がある場合もあります。

リフォーム業者によく相談をし、最適なタイミングで最良なリフォームを検討していきましょう。