レオハウスの断熱性は?ダブル断熱の効果は?

レオハウス断熱top

出典:レオハウス|Style Collection

レオハウスの魅力といえば、断熱性能に力を入れていることではないでしょうか。

室内の温度差を減らすことで家族の健康を守ることができるということで、レオハウスの断熱性能にはとても高い支持を得ています。

レオハウスの断熱性やダブル断熱の効果はどのような感じなのか、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レオハウスの断熱性はどうなの?

レオハウス断熱1

出典:レオハウス|coco W

レオハウスの断熱は、以下の2つの断熱材から選ぶことができます。

グラスウール断熱材

グラスウール断熱材は、マット型になっている昔からあるグラスファイバー材です。

マット状に成型されているので、グラスウールを適切な長さにカットして柱や間柱の間に充填していく施工方法となります。

安価で断熱工事ができるので、昔から採用されてきた断熱材です。

デメリットといえば、職人さんがグラスウールを充填する際に、よじれたままで充填させたり、隙間がある状態で充填してしまうことで、断熱効果が下がってしまうことです。

そのため、グラスウールは知識を持った職人さんに充填してもらわないと、失敗してしまうことがあります。

また、経年によりグラスウールが壁内でダレてしまい、壁内での充填状態を確保できなくなってしまうことがあります。

吹付け断熱材

吹付け断熱材は、グラスウールを細かく綿状にしたものです。グラスウールのように、形として成形されていません。

通常は天井上に充填する断熱材ですが、近年は壁の断熱材として使うことも増えました。柱や間柱の表面にビニールシートなどのフィルムを張り付け、一部分に穴を開けて断熱材を壁の中に吹き込みます。

壁のわずかな隙間にもしっかり断熱材が充填されるので、断熱性能はグラスウールよりもかなり高くなります。

隅から隅までしっかり充填させることができれば、職人さんによる精度のムラもできにくい傾向があります。

また、経年により断熱材がダレてくる心配はグラスウールよりも少ないので、長年経っても高い断熱効果を得ることができます。専門の職人さんが吹付け作業を行うので、費用は高上りとなってしまいます。

このように、安価で済ませたい場合はグラスウール断熱材、高い断熱性能を得たい場合は吹付け断熱材が適しています。

また、ダブル断熱を希望される場合は、外側にもう1つ断熱材が加わります。フォームライトSL(押出法ポリスチレンフォーム)という、厚み70㎜の板状の発泡剤の断熱材です。

外壁廻りにグルッと張って、内断熱と共に建物の断熱性能を高めます。フォームライトSL(押出法ポリスチレンフォーム)の単価は、㎡あたり3,000円程度といわれており、手間も加えると㎡あたり5,000~6,500円程度となります。

つくるくん
理想の家づくり成功の秘訣は「情報収集」から!

検討した方の約8割がカタログ請求し、平均15社を取り寄せ比較しています。

予算やテーマ(ローコスト・平屋・3階建て等)などから選べ、1度に集め比較検討が可能です。

カタログを無料おまとめ取り寄せする!

レオハウスのダブル断熱の効果は?

img_sec03_01

出典:レオハウス|coco W

レオハウスの断熱は、先ほどご紹介した内断熱と押出法ポリスチレンフォームという外断熱も併用した、ダブル断熱工法とすることもできます。

ダブル断熱とは、内断熱と外壁側にもう1層断熱材を加えた、文字通りダブルの断熱工法です。

従来の住宅は、壁内の柱と柱もしくは間柱の間にグラスウールなどの内断熱を充填する施工方法のみ行っていました。

しかし、内断熱というのは柱や間柱部分で断熱材が途切れてしまうので、建物をグルッと囲った断熱とすることはできませんでした。

外断熱は建物の壁の外側に断熱材を張るので、柱や間柱で寸断されることなく壁全体をグルっと断熱材で囲うことができます。

また、壁部分と壁の外側の2重の断熱効果により、より高い断熱効果を発生させることができます。

内断熱と外断熱を兼ね揃えたダブル断熱は、断熱効果を上げることができ、単品の断熱よりは断熱効果がグンと増します。

冬暖かく夏涼しい、理想的な室内空間へとみちびきます。家中どこにいても暖かさを感じるので、ヒートショックを抑えることができ、血圧変動などの体の負担を少なくすることができます。

暖房費節約となり、省エネ効果を発揮してくれます。結露防止も発揮し、カビなどの微生物に悩まない快適な住空間へとみちびくことができます。

評判、口コミは?

レオハウスのダブル断熱にはどのような評判や口コミがあるのか、ご紹介いたします。

暖かいです

レオハウスのダブル断熱は、とても暖かいです。

外側に断熱材を張ることでどれだけ暖かいのかと思っていたのですが、寒い冬にはとても大きな違いを感じます。

夏の暑い日も涼しく過ごせるので、断熱材の効果というのは素晴らしいなと思っています。光熱費の節約にもつながっているので、ダブル断熱にしてよかったなと思っています。

子供のアレルギーが治まってきました

うちの子はアレルギーがひどく、アレルギー改善に少しでも役立つ家にできればと、レオハウスのダブル断熱を採用してみました。

住み始めて1年位経ちますが、子供のぜんそくやアトピーの症状が以前より楽になってきています。他に変えたことはないので、ダブル断熱のおかげなのかなと思っています。

静かな我が家になりました

我が家は幹線道路に近いので、騒音が聞えてくるのは仕方のないことなのかなと思っていました。

レオハウスのダブル断熱にしたところ、車の音などの騒音が聞えにくくなりました。家の中が静かになり、とても快適です。

断熱効果も非常に高く光熱費も安くなったので、レオハウスのダブル断熱にしてよかったです。

電気代は?

レオハウスのダブル断熱は、お財布に優しい省エネルギーの家にすることができます。高断熱効果により、夏涼しく冬暖かい理想の建物へとすることができます。

30年前に建てた家とレオハウスのダブル断熱の家と電気代を比較してみると、1年間で約116,000円も節約することができます。

石油ファンヒーター、エアコン、湯沸かし器、給湯器などの使用が減り、1年間でここまでの電気代の節約を実現することができます。

1年間で116,000円ほどの光熱費を節約できるのであれば、追加でダブル断熱にしてもすぐに元が取れます。

エネルギー損失の貢献とするためにも、レオハウスのダブル断熱はオススメのアイテムといえます。

つくるくん
理想の家づくり成功の秘訣は「情報収集」から!

検討した方の約8割がカタログ請求し、平均15社を取り寄せ比較しています。

予算やテーマ(ローコスト・平屋・3階建て等)などから選べ、1度に集め比較検討が可能です。

カタログを無料おまとめ取り寄せする!

レオハウスの坪単価の比較!3年分の推移や見積もりと最終支払額との差など調べてみた!
「クレヨンしんちゃん」のCMでおなじみの「レオハウス」について見ていきましょう。「レオハウスは2006年創業の比較的新しいハウスメーカーですが、その実績は2016年3月末で20,000棟の引き渡し実績があり、年間平均2,000棟以上...
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
注文住宅
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟