ハウスメーカーと工務店の違い、家を建てるならどっちがいい?比較すべきポイントはここ!

AdobeStock_167771830

 

注文住宅を建てるときには、住宅の企画提案を行い、工事業者に施工を依頼する業者に相談をする必要があります。

ハウスメーカーや工務店などがその業者にあたりますが、注文住宅を建てる時にはどちらに依頼をするのがいいのでしょうか?

ここではハウスメーカーと工務店の特徴を比較しながら、両社の違いを説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハウスメーカーと工務店、一番の違いはなに?

AdobeStock_54826512

 

注文住宅を建てる前に相談に行くところは、ハウスメーカーや工務店が一般的です。この二つの業者は、一体何が違うのでしょうか?

ここでは、両者の違いをまとめてみました。

企業規模が違う

ハウスメーカーと工務店は、企業規模が違います。

ハウスメーカーは、大手企業が出資して参入していることが多く、企画から施工までをトータルで管理しているケースがほとんどです。

一方工務店の場合は、企業規模自体は小さく、工事自体は施工業者に一任していることが多いです。

地域密着型で営業していることが多く、地域の風土に合った住宅施工を提案してくれます。

ハウスメーカーは企業規模が大きく、企画から施工までトータル管理
工務店は地域密着型で、地域に合わせた施工を提案

対応エリアが違い

ハウスメーカーは全国規模で事業を展開しています。

いわゆるフランチャイズというもので、どこで申し込んでも品質が均一になっているのが安心できるポイントの一つです。

一方、工務店の場合は、地場での営業がほとんどで、地域色が強い傾向があります。

地元の施工業者とは密接に繋がっていて、 評判の良い工務店であれば腕の良い大工さんや施工業者を厳選していますので、安心して任せることができます。

ハウスメーカーは基本品質が均一(全国展開、フランチャイズの場合)
工務店はその業者によりけり

施工方法、期間が異なる

ハウスメーカーは、主に自社のプレカット工法によりコストを削減したローコスト住宅の販売を展開しています。

施工期間も短く、住宅価格も割安で提供されていますが、取材などは工場生産され、規格化されたものが提供されていますので、デザインや建物の使用などパターン化されているところが少々難点です。

工務店の場合は、完全オリジナルの注文住宅を作ってもらうことができます。

ただ価格はハウスメーカーよりも高くなってしまいますので、オリジナリティを取るか価格を取るかという話になってくるかと思います。

ハウスメーカーはある程度パターン化されてる
工務店は完全オリジナルの注文住宅が可能

 

ハウスメーカーのメリット・デメリット

AdobeStock_156483757

 

工務店と比べて大手の企業が運営を行っているハウスメーカーですが、一体どういうメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ここではそのハウスメーカーに関するメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット:工期が短く、品質が安定

ハウスメーカーではプレカット工法という手法が、住宅建築に用いられています。

プレカット工法とは、建築物に必要な建材を工場で生産して、現場で組み立てる方法のことです。

この工法を用いることで、品質を高いレベルで安定化されていることと、工期とコストを大幅に圧縮できるというたくさんのメリットがあります。

圧縮てきた分のコストは、当然住宅の購入者に還元されますので、お手頃な価格で住宅が販売されていることが多いです。

また施工業者も大元のハウスメーカーが監督していることが多く、厳しい規格の基に、人材育成がなされているので、職人の質も安定しています。

デメリット:自由度が低い

住宅のデザインや仕様が規格化されているため、オリジナリティに乏しいのが難点です。飲食店のフランチャイズを思い浮かべれば、分かりやすいかもしれません。

どの地域に行っても、同じメニューがあり同じ味で提供されています。ハウスメーカーも、これに似たような一面があるということです。

ただ、間取りや設備を自由に組み合わせることで、できる限りオリジナルに近い住宅を提案しています。

 

工務店のメリット・デメリット

AdobeStock_116934133

 

企業規模がハウスメーカーと比べて小さい工務店には、一体どのような強みと弱みがあるのでしょうか?

以下で、工務店に住宅を建築を頼む、メリットとデメリットをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

メリット:地元に適した施工、自由度が高い

ハウスメーカーよりも応用が利き、フットワークも軽いのが工務店の強みだと思われます。

完全のオリジナル住宅を希望するのであれば、規格化されたハウスメーカーの住宅より工務店で相談をしながら企画設計をしてもらった方がいいでしょう。

また工務店は、地域密着で営業していることが多く土地柄をよく把握しているのが一般的です。

ですから例えばこの地域なら海が近いので、「潮風に強い住宅にする必要がある」などと言った、地域独自の風土に合わせた住宅を作るのに工務店が適しています。

デメリット:業者選びがさらに重要

下請業者の管理が行き届いていないところもあるので注意が必要です。工務店で住宅の建築を頼む時は、地元の評判をよく聞き業者を選ぶ必要があるでしょう。

また、工務店と下請けの間にコストが乗りますので、ハウスメーカーよりも住宅の単価が高くなってしまうのが一般的です。

その分オリジナリティの高い住宅をお願いすることができるのですが、できることなら工務店を利用して実際に建物を建てた人に話を聞くなりして、入念に調べてから取引をした方がいいでしょう。

 

ハウスメーカーと工務店の比較すべきポイントはここ!

AdobeStock_78907945

 

ハウスメーカーと工務店、どちらの方に住宅をお願いしたらいいのか?について、ここでは比較すべきポイントを5点まとめてみました。

比較ポイントその1:価格面

まずは、住宅の価格面について比較してみるべきです。

ハウスメーカーの方が一般的に安いのですが、注意しておきたいことが一点あります。それは、オプションを取り付けた時に結果的に高くなってしまわないかどうかです。

結局工務店で、1からオリジナルで住宅を企画して施工してもらった方が安くなってしまうと、価格競争力の高いハウスメーカーを選ぶ利点がなくなってしまいます。

提示されている価格だけではなく、トータルに掛かる費用を想定して、チェックしてみると良いでしょう。

比較ポイントその2:施工技術力・品質

価格よりも大事なのは、むしろ施工技術力や品質の問題です。

安かろう悪かろうでは安心してその住宅で暮らすことができませんので、かなり重要なポイントとなります。

契約をしようと考えているハウスメーカーや工務店の実力を調べるには、実際にそこで住宅を建てた人の評判を集めるのが一番なのですが、それができない場合はインターネットで口コミを調べてみるのも一つの方法です。

ちなみに住宅の見学会が開催されている場合は、積極的に内覧するようにしましょう。

比較ポイントその3:設計力・自由度

設計力や自由度も、住宅を購入する際に考えておくべき重要な要素の一つです。

ハウスメーカーの場合は、プランがある程度規格化されていますので、自由な設計ができない気がしますが、実際には注文住宅というスタイルで、パーツを自在に組み合わせながら希望の住宅を設計しますので意外に自由度は高い部分もあります。

工務店の場合は、ハウスメーカーよりもオリジナリティの高い住宅建築が期待できます。

例えば外壁では、サイディングボードを使ったものより、モルタルを使った方が自由なデザインを表現できます。

そのような施工を望むのであれば、優秀な職人を抱えた工務店で依頼した方がいいでしょう。

比較ポイントその4:工期

すべてを規格化しているハウスメーカーの方が、工期が短い傾向にあります。

大手の場合は、住宅の企画から工事まで全て自社で行いますので、工務店に施工を依頼するより短縮納期が期待できるでしょう。

工務店の場合は、ハウスメーカーと比べて工期は長めになるかもしれませんが、 デザインモルタル外壁といった特殊な施工にも対応してくれます。

比較ポイントその5:アフターメンテナンス・保証

長期アフターメンテナンスや瑕疵担保保証などは、ハウスメーカーの方が既存のプランで付帯していることが多いので、 おすすめです。

ただ、ハウスメーカーも工務店も、どちらでも保証プランは提案してもらいますので、打ち合わせの時にしっかりと相談をしておきましょう。

最低限の保証としては、瑕疵担保保証や長期メンテナンス保証は、付けてもらっておいた方がいいです。

特に瑕疵担保保証は、万が一欠陥住宅だった時のための保証になりますので、かなり重要なものになります。

 

ハウスメーカーと工務店、結局どっちがいいの?

AdobeStock_163840012

 

ハウスメーカーと工務店、どちらがいいのかはケースバイケースだといえます。

どちらにも一長一短がありますので、自分がマイホームを購入する時に求めているものを考えて、住宅建築を頼む業者を選ぶ必要があります。

ハウスメーカーであれば、費用面が安く品質の均一性などが担保されていますので、安心して申し込むことができます。

新築なら当然付帯するメーカー保証以外にも、長期メンテナンス保証や瑕疵担保補償などの保証プランも充実しているでしょう。

オリジナリティのある家を建てたい場合は、工務店に相談するのが、細々と企画をしてくれますのでおすすめです。

地元で定評のある業者にお願いするのが、何よりも信頼できるという意見もあるでしょう。

迷ったら第3者に相談するが吉

どちらを選んだらいいのかがよく分からない人は、注文住宅選びを相談できるプロがいます。

タウンライフ注文住宅相談センターというサイトでは、希望する住宅のタイプに合わせたハウスメーカー及び工務店を紹介してくれますので、サイトをチェックしてみてください。

サイトでは、間取りプラン、費用・資金計画プラン、土地探しプランを完全無料で提案しています。

相談を予約すれば、希望の日時に電話相談も受け付けていますので、家づくりに悩んでいる人は、どんどんこういうサービスを活用してみるといいでしょう。

 

まとめ

ハウスメーカーと工務店どちらを選ぶのか?なかなか決めかねるかと思います。マイホームは、高額な買い物になりますので、悩んで当然でしょう。

どうしても決められない時は、複数の業者に相談して、住宅のプランを出してもらうのが一番いい方法かと思われます。

ひとつの業者に絞る必要ありませんので、ハウスメーカーと工務店どちらにも相談を持ちかけてみると良いでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
注文住宅
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました