ホームセンター・家電店など専門外の業者にリフォームを依頼するメリット、デメリット

d8d274f4c95a5c39c22e25823e90ce64_s

近年は、リフォーム産業に参入する企業が増え、ホームセンターや家電店でもリフォームを扱うようになりました。

一見低価格に見えて便利に見えますが、ホームセンターや家電店のリフォームというのは手放しで信用して良い業者なのでしょうか。

ホームセンターや家電店へリフォームを依頼する際のメリットやデメリットなど、気を付けてほしいポイントをご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホームセンター・家電店のメリット

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_s

ホームセンターや家電店にリフォームを頼むメリットは、これらが挙げられます。

本体価格が安い

ホームセンターや家電店のリフォームは、本体価格が安い場合があります。

その理由は、材料を大量購入したり、自身の店舗の材料を使ってリフォームをするため、工務店などの業者よりも安くすることができるのです。

しかし、一般的な工務店などの業者が用意する材料と違い、型落ちした材料を使うことも多くあります。

そのため、一般的な工務店で行うリフォームよりも劣化が早くきてしまうこともあります。本体価格の安さだけでは判断できない要素があり、オススメできるとはいえません。

“名前”の安心感

ホームセンターや家電店というのは、ネームバリューで安心する感覚がありますよね。よく耳や目にする企業の名前なので、それだけで安心感を持つ人も多くいます。

決してリフォーム専門の業者ではないのですが、企業の名前を知っているというだけどこか安心してしまう部分というのはあるものです。

しかし、よく考えるとホームセンターや家電店というのは小売業です。リフォームに力を入れているかといえば、そうではありません。

ホームセンター・家電店のデメリット

dfeb5966c01f1ee6823e2c6543a9b6fa_s

ホームセンターや家電店でリフォームを行うことでのデメリットは、これらが挙げられます。

下請け業者の質が低い

工務店のように吟味して下請け業者を選定しているのとは違い、ホームセンターや家電店の下請け業者は残念ながら質が良くない傾向があります。

いいものを作ろうという考えよりは、形にしようと思う業者が多い傾向があります。そのため、形としては出来上がりますが、良いものができるとは言い切れません

腕のある職人さんにリフォームをしてもらいたいのであれば、他を当たった方が良いといえるでしょう。

施工管理が甘い

ホームセンターや家電店は、あくまで小売業者です。リフォームに力を入れていませんので、施工知識に乏しい施工管理体制にしかなりません。

実際、対応してくれる担当者も、専門的なことを聞いても納得できるよう答えてくれないことがあります。

工務店の担当者のようなしっかりとした管理をしてくれないので、不安に思う場合もあります。

職人さんにもきちんと内容が伝わっていないことがあり、依頼したものと違う物ができたというガッカリ例も少なくありません。

専門業者より費用が高くなる場合が…

ホームセンターや家電店というのは、建築に対しあまり知識を持ったスタッフがいません。そのため、効率的に工事を進めることができなく、余計な仕事が増えてしまい、結果的に費用が高上りとなってしまうことがあります。

安く済ませたいと思ってホームセンターや家電店に依頼しても、これでは全く意味がなくなってしまいますよね。

\30秒入力完了!地元優良業者/

無料一括見積もりしてみる!

ホームセンター・家電店に依頼する際に注意したいこと

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

ホームセンターや家電店にリフォームを依頼する際、注意すべきポイントがいくつかあります。

以下のポイントに注意して、ホームセンターや家電店にリフォームを依頼すべきなのか否かを検討しましょう。

リフォーム工事の責任はどこにあるか

ホームセンターや家電店にリフォームの依頼をしても、そのホームセンターや家電店のスタッフが工事を行うとは限りません。

ホームセンターや家電店でのリフォームの場合、あくまでホームセンターや家電店は窓口であり、実際にリフォームを行うのは提携先や下請けの施工会社というパターンがほとんどです。

もちろん、提携先や下請けに工事を流すことは問題ありません。この場合、実際に誰が工事自体を行うのか、責任の所在はどの業者にあるのかを事前に把握しておくことが大事となります。

リフォーム後に不具合などのクレームがあった場合、誰とどのように交渉をしていけばいいのかが明確にすることができますよ。

担当者は信頼できるか

ホームセンターや家電店でもリフォームも、工務店とのリフォームと流れは同じです。基本的には、担当者とのやり取りで工事を進めていきます。そのため、担当者は信頼できる人じゃないと上手く進みません

工務店の場合は建築士や施工管理技士などの専門的な資格を持っている担当者がほとんどなので、込み入った質問や相談をしても専門的な目線で対応してくれます。

しかし、ホームセンターや家電店のリフォームの担当者は、工務店のように資格や知識を持っている人は少なく、リフォームの担当者として頼りにならない人も中には居ます。

本当に信頼できる担当者なのか、きちんと見極めて検討するようにしましょう。安いリフォームとなっても、知識のない素人同然の担当者では、リフォームが上手く進まなく後悔してしまうこともありますよ。

工事費用が安すぎないか

リフォームは多くの費用がかかるので、安いと得をしたと思う人も少なくないと思います。

しかし、リフォームの工事費用が明らかに安過ぎる場合は、そこに大きな落とし穴がある場合があります。

顧客が要求したことが全て含まれていなかったり、安くて最低の材料で見積もりをされていたり、下請けをたたき過ぎて安くし万度な工事とならなかったり、様々な弊害が発生してしまうこともあります。

工事費用が安過ぎる場合は、要求が全て網羅されているのか、なぜ安いのかを聞いて検討をするようにしましょう。

安いからと言って飛びついて工事を依頼して、その後「こんなはずじゃなかった!」と後悔してしまうパターンは少なくありません。

リフォームの場合は安ければ良いということはありませんので、勘違いをしないようにしましょう。

つくるくん
相見積もりは、工事費や値引き率などの比較に重要な役割があります。

無料かつ匿名OKなので利用しない手はないですね。

適正相場をチェックする!

失敗しないリフォーム業者の選び方。3つのポイント

80bc715931a7e4a93be80b96f0c553fa_s

リフォームを失敗させないためには、リフォーム業者の選び方は大変重要となります。

以下のようなポイントで、失敗しない理想的なリフォーム業者を選びましょう。

①複数社への相見積もりは基本

リフォームの場合は、何社からか相見積もりを取って検討することはとても大事となります。

その理由は、1社だけに見積もりを頼んでしまうと、その見積もりが正確な見積もりなのか判断しにくいからです。

特にリフォームの場合は新築と違い、業者によって工事の仕方に違いが出る場合があります。そのため、リフォームの場合はなおさら相見積もりが必要となります。

相見積もりの本質

相見積もりといえば価格競争の材料としか思わない人もいるようですが、そうではありません。

見積書の中身が正確なのか、細かいところまで配慮しているのかを、比較して確かめる材料なのです。

間違っても、見積書の内容をチェックせずに1番安い業者に工事を依頼する考えは、絶対にしてはいけません。

相見積もりを勘違いすることで、精度が低いリフォームとなってしまう場合があります。安過ぎる見積書というのは危険ですので、勘違いしないようにしましょう。

②建設業許可取得業者のみに絞る

建設業法には、リフォーム業という区分はありません。では、リフォームは無許可でも出来る工事なのでしょうか。

建設業許可取得業者の場合、税込500万円以上の工事を請け負うことができます。そのため、税込500万円以上のリフォームは、建設業許可取得業者を持っている業者じゃないと施工できない決まりとなっています。

しかし、リフォームの中には税込500万円以下の工事もあります。税込500万円以下の軽微なリフォームは建設業許可取得業者じゃなくても施工が可能ですが、企業としてのリフォーム技術や知識を考えると、断然建設業許可取得業者にお願いすることがベストとします。

リフォームというのは経験と勘が必要な工事ですので、新築工事のようにスムーズには進まないことがあります。そんな時、熟練の建築の知識が必要となるのです。

工事金額の高さに限らず、精度の高い満足できるリフォームにしたいなら、建設業許可取得業者を持っている業者にお願いするようにしましょう。

建設業許可取得の表示は、業者のホームページのトップページ、もしくは業者の事務所に行くと許可票が掲げられています。

このどちらかに建設業許可取得の表示がない場合は、建設業許可取得業者を持っていない業者ということになります。

③保証制度が充実しているか

リフォームは新築ではありませんが、保証を受けることができる工事があります。リフォームというのは、新築と違い品確法のような法律で決められた保証はありません。

しかし、商品により個別に保証期間があるものがあります。例えば、外壁、防水、塗装、備品、電気機器、設備機器など、個々にメーカーが保証しています。

それらの保証というのは、リフォーム終了後業者の方からお客様に説明してくれるのが一般的です。

しかし、中にはそれらの保証を表に出さず、うやむやにしようとする業者もいます。リフォームを行う前に保証内容を問いただし、どのような対応をしてくれるのかを把握するようにしましょう。

そこであやふやな返事しか返ってこない場合は、そのような業者には依頼しないようにしましょう。

また、リフォームをした業者が倒産してしまった場合、リフォーム瑕疵保険に入っている業者であればリフォーム瑕疵保険によって保証をしてもらえます。

ただし、リフォーム瑕疵保険に加入している業者というのはまだまだ少ないので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

つくるくん
相見積もりは、工事費や値引き率などの比較に重要な役割があります。

無料かつ匿名OKなので利用しない手はないですね。

適正相場をチェックする!

リフォームのよくある失敗をしないために知っておきたい3つのこと
家というのは建てたときから劣化が始まります。大切な住まいを長持ちさせるコツは定期的なメンテナンスを行うことです。 経年劣化で傷んだ部分だけでなく、そこに住む家族の年齢や住まい方に合わせてさまざまなリフォームを行うことでしょう。...