ゼロキューブの評判まとめ。1000万円からの家づくりはホント?

zerocube

出典:ゼロキューブ

安くてオシャレな家を建てたい、という人向けの注文住宅「ゼロキューブ」。

ゼロキューブは、ライフレーベルという企業が企画しサービス提供をしている建築プランです。

1000万円から家を建てることができるベーシックプランがあり、「値段の割に機能的でスタイリッシュ!」という評判があるみたいです。

ただ、色々と調べていく内にリアルな声も見つかり、本当に良いのかどうか気になってきましたので、詳しく調べてみました。

今回は、その調べた内容を詳しく紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゼロキューブは新しいカタチの家づくりを実現

1

ゼロキューブは規格注文住宅ですので、組み合わせ方によっては1000万円以下の格安価格で新築住宅を建てることができます。

ちょっと安すぎない?と不安に感じる人もいると思いますので、ゼロキューブにどういう特徴があるのかを調べてまとめてみました。

グッドデザイン賞受賞のシンプルデザイン

ゼロキューブの外観は、キューブ形状のシンプル&モダンデザインが特徴となっています。

四角い屋根の住宅は、都市型や地方でも人気で、グッドデザイン賞を受賞したゼロキューブ+FUNとBENTO HOUSEが、特に人気のプランです。

軒のある和風住宅とは違った、シャープなデザイナーズ住宅といった印象を受ける住宅になっています。

都市型住宅としても周囲の環境に、溶け込みやすいデザインになっているといえるでしょう。

1000万円から建てられるマイホーム

ゼロキューブは、木造、規格住宅で資材生産と設計を効率化して低価格施工を実現しています。

パターンバリエーションを用意することで、規格住宅でもオリジナリティの高い組み合わせができる仕組みです。

一番安いプランだと、900万円台から建てられる「ゼロキューブシンプルスタイル」が人気です。

これはいわゆるベーシックなプランで、これに好きなオプションを組み合わせて、自分好みの住宅にしていきます。

オプションバリエーションが豊富!カスタマイズは自由自在

ゼロキューブのプランは、オプション追加費用が明確です。

例えば、1階に1部屋プラスするオプションだと追加費用は200万円から、屋上にバルコニーを加えるプランだと追加費用300万円からと値段が分かりやすくなっていて、予算も組みやすいです。

また、オプションの組み合わせも自由自在でバリエーションが豊富。

パターンが決まっている規格住宅ですが、予算さえ用意できれば十分オリジナリティの高いマイホームを建てることができます。

間取りを広く確保できる設計

ローコストながら頑丈な造りなので、間取りを広くとることができます。例えば吹き抜けのリビングを設計したり、広い玄関を設計したりと自由自在です。

中庭を設ける設計も人気で、家の中に居ながら外の空気を感じられる空間が演出されます。

また、玄関も広くとって、収納スペースを置いたりと有効活用したり、ビルトインガレージの設計もできます。

オプション分の予算も組めるのであれば、オーナー好みの住宅にカスタマイズできるでしょう。

屋上空間を有効活用する

キューブタイプの住宅設計は、屋上に生活スペースを置くことができます。

オプションでスカイバルコニーを設置すると、バーベキュースペースや家庭菜園などを楽しめる空間を造ることができます。

また、太陽光発電を設置して創エネ性能を兼ね備えることも可能となっていて、三角屋根の住宅とは違ったメリットがあります。

ゼロキューブの評判、口コミを集めてみた

2

ゼロキューブの仕様は、人によっては酸いも甘いもあるようです。

イマイチな口コミと良かった口コミをそれぞれ紹介していますので、ゼロキューブが気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

イマイチな口コミ

水の侵入トラブル

とくに木造の場合は軒のない家は、雨の多い日本では、水の侵入のトラブルが発生しやすく、メンテナンスを早めにする必要が出てくるので、家を安く建てられたとしても、トータルでは高いものになります。
軒のない家はダイレクトで外壁に雨が当たって、経年のコーキングなどの劣化ですぐに水が建物内に入ってきます。
ほとんどの大手のハウスメーカーは、狭小地でない限りはかなり軒を出した家を建ててます。

引用元:Yahoo知恵袋

ゼロキューブは結局高い

ゼロキューブは見積り取ると分かると思うけど安くはない。
タマホームやアイフルホームと大差なし。アフターの部分がやはりネームバリューがある分、違いますよ。
住宅展示場に足を運んで見学して、その後、見積りを取るとよく分かります。
こちらもゼロキューブは面白さだけに検討しましたが結局、住林にしました。
あまり良い評判も聞きませんから家選びは再考の余地を残して他者も視野に入れると良いかもしれませんね。

引用元:e戸建て

ガルバ外壁の音がうるさい

ゼロキューブの住宅を建てましたが、ガルバ外壁が、太陽を浴びると、ボンボンと家の中に居ても音が聞こえます。
見てみると凹凸があり、変形しています。朝には元どうりになるのですが、また、朝
になると、ボンボンとやかましいくらいです。

引用元:Yahoo知恵袋

良かった口コミ

外観がシンプルでおしゃれ

札幌ゼロキューブ、凄く良いと思いました。
昨年札幌で友人がゼロキューブ+BOXを建てました。1月に新築祝いを兼ねて遊びに行って来ました。外観がシンプルでオシャレな感じでカッコいい印象でした。
中に入ると、凄く暖かくてびっくりでした。暖房のレベル高くしてるのかと思い聞いたのですが、全室床暖房で2階はたまに寒い日につけるだけで普段は暑くなりすぎるから切るか、最小にしているらしいです。

引用元:e戸建て

総額2900万円ぐらい

ざっと本体1200万、地盤改良、外構、オプション各100万、付帯工事180万、諸費用180万+消費税で2000万って所ですかね。
少し高めに見積りしてるはずなので実際は総額2900万円くらいで収まるかも。
1000万円の土地なら建売りでも諸費用合わせると2700万位はすると思うのでその差額をどう思うかって感じですかね。

引用元:e戸建て

屋上バルコニー良い感じ

標準で作ると1000万円~ということですか。
本体が200万円というのは、あくまでも箱だけの価格だと思えば良いのかな。
外観はマイホームという感じがしなくて、コンテナを想像してしまったり
事務所とか小さな会社の建物のような印象を受けました。
室内は住むには十分な空間になっているとは思います。
屋上バルコニーの小屋も居心地良さそうです。

引用元:e戸建て

やめたほうがいい?ゼロキューブのデメリット

見た目はハイセンスなデザイナーズ住宅のような外観で、グッドデザイン賞も受賞していますが、実際に建てた人の中には不満の声もあります。

特に建物そのものに影響があるのではないか?という、内容の口コミが気になりました。

軒が無いので水が侵入しやすい

和風住宅の三角屋根では、軒が住宅を雨水から守ってくれます。

ゼロキューブの場合は、軒が無いため、雨水の侵入に弱いのではないか?という心配があるようです。

ただ、気密性を高めたり、壁内に通気層を作って湿気を外に逃がす施工が行われていれば問題ないのですが、ゼロキューブの断熱性は低いという評判があるため、同時に気密性もそれほど期待できないのではないかと思います。

思った以上に費用が高くなった

ゼロキューブの各プランは、標準仕様のままだと確かに安い価格設定なのですが、そのままだと正直物足りない内容です。

ですので、オプションを色々と加えていくことになります。

口コミを色々と調べてみると、 オプションをいくつか加えていくことで、結果的に費用が高くなってしまうケースがほとんどみたいです。

外壁のガルバはイマイチかも?

ガルバリウム鋼板は、錆びにくく劣化しにくい金属ですが、金属外壁は雨の音がうるさくなりやすいという欠点があります。

建物の遮音性にもよりますが雨風が強い日は、雨水が金属壁に叩きつけられることで、なかなかの騒音を感じるかもしれません。

また、直射日光が当たり表面に温度変化が起きると、ベコベコと変形する音が聞こえるケースもあるみたいです 。

断熱性能がイマイチ

吹き抜け天井のリビング設計だと、部屋が少し寒く感じたという声もありました。

断熱材で建物をすっぽりと覆う高断熱、高気密の家であれば、天井を吹抜けにしても温度を保つことができるのですが、どうもその辺りの性能の評判が良くないみたいです。

収納が少ないという声もある

これは人によって感じ方が違ってくるかもしれませんが、収納が少ないという意見もあります。

標準仕様のプランに部屋をオプションで追加していけば、どうにか解消する問題かもしれませんが、すでに建物を建ててしまうと後はリフォームするしかなくなりますので、そうならないよう相談の段階でしっかりとプランを練っておく必要があります。

まとめ

4

ゼロキューブをベーシックプランのみで建てると確かに安いです。

ですが、それだと収納が足りなかったり、部屋数自体が物足りない状態になってしまう恐れがあるようです。

結局色々と追加すると高くなるケースが多いため、値段だけを見て決めないようにすることが大事です。

 

ゼロキューブを検討中の方は以下の記事も参考にしてください。

ゼロキューブを建てた人の後悔したこと。新築を検討中の方必見
出典:ゼロキューブ ゼロキューブという、規格住宅よりの注文住宅を検討中の人は要注意です! 実際にそこで家を建てた人の中には、どうやら後悔している人もいるそうで、安くてデザインもモダンで格好良いのですが、住んでみるといくつかデメリ...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ローコスト住宅
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
土地活用の掟
タイトルとURLをコピーしました